「僕が見つけたシンデレラ~Beauty Inside~」ソ・ヒョンジン、最高の俳優は犬?“別れが寂しくないようにわざと…”

KSTYLE |

“ロマコメ王子”イ・ミンギד次世代ラブコメ女王”ソ・ヒョンジン主演の2019年No.1奇跡のロマンティック・ラブストーリー「僕が見つけたシンデレラ~Beauty Inside~」のDVDが好評発売&レンタル中。このたびリリースを記念して、姿形が全くの別人になってしまうスター女優ハン・セゲ役を務めたソ・ヒョンジンのオフィシャルインタビューが到着した。役柄との共通点から出演者とのエピソードまで、たっぷりと語っている。

さらに、Kstyleをご覧のみなさんに直筆サイン入りポラも! 抽選で1名様にプレゼント。

ソ・ヒョンジン 直筆サイン入りポラのプレゼント概要は記事下をチェック!

――この作品に出演した感想を教えてください。

ソ・ヒョンジン:生き生きとした台本に魅力を感じました。ひねりをきかせた設定も魅力的だったので出演を決めました。

――台本を最初に読んだ時の感想は?

ソ・ヒョンジン:はつらつとしていたのが一番印象に残っています。そして躍動感があって、セリフが魅力的でした。

――このドラマは同名の映画が原作ですよね。原作のある作品を演じることによるプレッシャーとかはありましたか?

ソ・ヒョンジン:まず……幸い原作の内容とはかなり違うので、顔が変わるという素材だけを持ってきたので、台本を読んだ後は特に負担には思わなかったです。そして、実は、私は映画を観ていません。ドラマの出演を決めた後も「これだと観なくてもいいかも」「むしろ観ないほうがいいかもしれない」と思ったので、そんなに大きいプレッシャーは感じず撮影しました。


役柄との共通点「最近やっと主張ができるように…」

(C) JCN Co., Ltd. All Rights Reserved
――子どもから老人まで色々な姿に変身しましたね。そういう役柄のために前もって準備したことはありますか?

ソ・ヒョンジン:キム・ソンリョン先輩と話し合い、あえて動きや口調を合わせないようにしました。台本自体が良くできていましたし、動作や口調をまねると洗練されていない印象を与えるかもしれないと思ったので、監督も同意してくれたので合わせずに演技する方向で撮影することにしました。

――キャラクター分析をしながら「これは演じるの難しそう」とか、反対に自信あったところはありました?

ソ・ヒョンジン:ファンタジー的な設定が多いから、視聴者がリアリティを感じるかが心配だったし、顔が変わるというのは実はあり得ないことですから、それをあり得る話として感じてもらえるようにはどうしたらいいかを一番悩みました。

――ハン・セゲもヒョンジンさんも女優ですよね。ご自身とセゲの似ている点はありますか?

ソ・ヒョンジン:似ているところですか? 似ている……。私は最近やっと主張ができるようになりました。20代の頃はできなかった気がしますが、今は……私を手伝ってくれるスタッフたちがほとんど年下なんです。だから私が声を上げないと彼らが困る場合があるので意見は主張します。そこが似ているかもしれないです(笑)。


犬とのエピソード「とても冷たくされて…(笑)」

(C) JCN Co., Ltd. All Rights Reserved
――「世紀のカップル」として息がぴったりでしたが、イ・ミンギさんと共演した感想を教えてください。

ソ・ヒョンジン:まず、同い年のパートナーが初めてでした。それでとても気楽に、本当の友達のように楽しく撮影できました。それから彼はとてもひたむきな人で、知らなかった点を発見できて良かったです。

――ハン・セゲの秘密を共有する親友がいますね。ウミとウノの二人。ムン・ジインさんやアン・ジェヒョンさんと共演した感想を聞かせてください。

ソ・ヒョンジン:ジインさんとジェヒョンさんは役柄と本人ととても似ていました。それで最初の台本の読み合わせの時から、特にジェヒョンさんには本人と似ていないですか? と聞きました。そしてジェヒョンさんは現場でよくアイデアを出してくれますので、二人とも本人と似ていました。それで最後には気楽にアドリブも増えていました。

――犬(キンカン)がとてもかわいかったですけど、犬を飼ったことはありますか? 息が合っていましたね。

ソ・ヒョンジン:はい、今飼っています。私も息は合っていると思っていたんですけど、最後の撮影の頃にひどく冷たくされました。仲がいいと思っていたのは私だけだと気づきました(笑)。最高の俳優はキンカンでした。キンカンだけを世話する人がいるくらい、一番美しい女優でした。キンカンは女の子でしたので。

――撮影が終わって寂しくなかったですか?

ソ・ヒョンジン:キンカンはクールに去りました。最後のほうでとても冷たくされたので、抱くシーンで吠えたり逃げたりしたので10回もNGが出ました(笑)。別れが寂しくないようにわざとやったのかも。


全力を出しすぎて寝込むことも?撮影秘話を公開

(C) JCN Co., Ltd. All Rights Reserved
――子供から老人まで色々な姿に変身しましたが、どんな姿に変身した場面が一番印象に残っていますか?印象深いシーンとセリフをそれぞれ教えてください。

ソ・ヒョンジン:印象深いシーンは、最初にキム・ソンリョン先輩に変身したシーンです。CGの技術に感心しました。何もしなくてもスムーズに顔が変わるから、私も見ながらすごいと思いました。印象深いセリフはラ・ミラン先輩の、母親が亡くなった時が印象に残っています。先輩の心の声なのですが、「夜になり、朝になり、昼になり、また夜になり、早く時間が過ぎてほしい」というセリフがあります。何もできず、時が経つのをただ待っている場面です。私のセリフでもなかったのに、とても印象的でした。

――親友役のお二人と実際に仲良しだったとおっしゃいましたが、現場でのムードメーカーはそのお二人でしたか?

ソ・ヒョンジン:そうですね。一緒にお酒を飲むシーンが多かったんですが、ジェヒョンさんもジインさんもアイデアがとても豊富です。ジェヒョンさんは色々準備してくるタイプで、ジインさんは即興でその場にある小道具を使うタイプで、二人が出てくるシーンは半分はセリフで半分はアドリブだった気がします。三人とも年が近いというのもあって、面白かったです、一緒に撮影するのが。現場でのムードメーカーもその二人でしたね。

(C) JCN Co., Ltd. All Rights Reserved
――1番楽しかったエピソードを一つだけ紹介してください。

ソ・ヒョンジン:楽しかったエピソードは……それが放送されてほしいんですけど、私とドジェとウノ、それからウミで初めて飲むシーンがありました。その時、カメラを止めずに一気に撮影したのですが、それがとても傑作だったんです。これよりいいものは撮れないと言いながら、もう一回できないしアドリブが三分の二で本来のセリフが三分の一とかだったので。そのシーンが印象的で、ウミ役のジインさんはそれを撮る時はすごく盛り上がっていて、全力を出しすぎて撮影後に寝込みました。そんなエピソードです。

――振り返ってみて撮影で一番大変だった点は? 反対によかったと思う点は?

ソ・ヒョンジン:特にこの作品だからと大変だった点はないです。どんな現場でも寝不足になるし寒いです。良かった点は、年が近くて穏やかな人が多かったことです。撮影の間はよくおしゃべりもして、リラックスした雰囲気で撮影できてよかったです。

――撮影しながら、最も印象的だった点は? いまだに忘れられないシーンはありますか?

ソ・ヒョンジン: 忘れられないシーンというか、共感を覚えたシーンがありました。「人を理解するのと状況を理解するのは違う」というドジェのナレーションですけど、それにとても共感を覚えました。良いセリフでした。


勇気を出して出演「ラブコメは避けていました」

(C) JCN Co., Ltd. All Rights Reserved
――今回は繊細な演技が光っていましたが、ファッションも華やかで視聴者を楽しませてくれました。

ソ・ヒョンジン: 嬉しそうに微笑んでいるスタイリストのおかげです。

――ソ・ヒョンジンさんが人々から愛されている理由はなんだと思いますか? ちょっと難しい質問かもしれないですけど。

ソ・ヒョンジン: 愛されて……確かに最近は愛されているかも(笑)。愛してくださる理由はなんでしょうね、親しみやすい点だと思います。親近感があるみたいな? 近くにいそうで、遠くて特別な存在に感じられないところが、皆さんに応援していただける理由ではないかと思います。

――ラブコメの女王と言われていますが、今回のドラマに出演するにあたって変身したいと思ったり、準備したことはありますか?

ソ・ヒョンジン: 変身というより、ずっとラブコメを避けていたので、勇気を出して出演しました。でもセリフに一つ一つひねりがきいているので、その点が魅力で出演を決めました。それから、特別に準備したことは、ダイエットです。女優は痩せているべきだという先入観が自らもあったので、厳しくダイエットして頑張りました。うまくいったりいかなかったりしましたけど。

――ラブコメを避けてきた理由を聞かせてください。

ソ・ヒョンジン: ラブコメに執着があったわけではないですけど、最近、約二年くらい続いて出演したこともあるので、なんか、演技の幅が狭まるのではないかという心配が大きくて。演技がワンパターンになりそうな気がして。そうなるのが怖くて、しばらくラブコメは控えていました。

(C) JCN Co., Ltd. All Rights Reserved
――外見にとらわれない真の愛がテーマですよね。今回のような特別な愛の形を演じてみた後の、愛に対する考え方は変わりましたか? もともとそう思っていたかもしれませんが。

ソ・ヒョンジン: 実際、みんなが欲しがりますよね。外見にとらわれず、自分の内面を、素の自分の愛してくれる人……いますかね。最初はその点に焦点を当てていましたけど、誰もが望む「私を見つけてくれる人」。ドジェとセゲの関係がそうですよね。それで最初は特別なものだと思っていましたが、同じでした。人を愛することに特別はないんだなと思いました。

――確かに、そうかもしれませんね。

ソ・ヒョンジン: 自分には特別でも、他人の目からしたらみんな同じみたいな……。ほとんどの恋愛が自分には特別に思えても、他人の目には平凡に映るということでしょう。

――最後に、日本の皆さんにご挨拶をお願いします。

ソ・ヒョンジン: こんにちは。「僕が見つけたシンデレラ~Beauty Inside~」ハン・セゲ役のソ・ヒョンジンです。このドラマの見どころは、ハン撮影監督の華やかな映像美と、ソン監督の素晴らしい演技指導、それから色々な特別出演の方々の演技です。お楽しみください。セゲとドジェのラブストーリーにも大いに期待してください。

(C) JCN Co., Ltd. All Rights Reserved

■「僕が見つけたシンデレラ~Beauty Inside~」商品情報
DVD SET1 好評発売中
DVD SET2 2019年12月3日(火)発売

※DVD好評レンタル中

発売・販売元:NBCユニバーサル・エンターテイメント
(C) JCN Co., Ltd. All Rights Reserved

※U-NEXTにて独占先行配信中

■関連サイト
公式サイト:http://kandera.jp/sp/beautyinside/


◆ソ・ヒョンジン 直筆サイン入りポラを抽選で1名様にプレゼント◆



※プレゼントは終了しました。たくさんのご応募ありがとうございました。※

【応募方法】
Kstyle公式Twitterアカウント「@Kstyle_news」をフォロー&コチラのツイートをRTするだけ。奮ってご応募ください。

【応募期間】
2019年11月18日(月) 18:00 ~ 11月20日(水) 11:00まで

【参加条件】
・TwitterでKstyle公式Twitterアカウント(@Kstyle_news) をフォローしていること。
・日本に居住されている方(賞品配送先が日本国内の方)
・応募に関する注意事項に同意いただける方

【当選発表について】
・プレゼントの当選については、厳正なる抽選の上、決定させていただきます。
・プレゼントはお選びいただけませんので、予めご了承ください。
・当選者の方にはKstyle(@Kstyle_news)のアカウントよりDM(ダイレクトメッセージ) にて当選のご連絡をさせていただきます。
・プレゼントに関するDM/メンションでのご連絡は、平日10:00~18:30となります。
※DM(ダイレクトメッセージ)は、Kstyle(@Kstyle_news) をフォローいただいておりませんと、お送りすることができませんので、ご注意ください。

【注意事項】
※本キャンペーンに関して、弊社が不適切な行為がされていると判断いたしましたアカウントは、キャンペーン対象外とさせていただきます。
※弊社は、ご応募者のツイート内容については一切の責任を負いません。
※当選発表は、当選者様への当選のご連絡をもってかえさせていただきますので、ご了承ください。
※当選通知後、指定の日時までにご連絡がない場合、当選を無効とさせていただきます。
※当選結果に関するお問い合せは受け付けておりませんので、ご了承ください。
※当キャンペーンの掲載内容や条件は、予告なく変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。
※当選の権利の譲渡はできません。
※賞品の不具合・破損に関する責任は一切負いかねます。
※キャンペーン参加にあたっては、必ず弊社個人情報保護方針<プライバシーポリシー>をお読み下さい。
※当選時にご連絡いただく住所、氏名、電話番号は、その確認などの関連情報のご案内のみに使用し、キャンペーン終了後は弊社の定める方法に基づき消去いたします。
※インターネット通信料・接続料およびツイートに関しての全ての費用はお客様のご負担になります。
※次の場合はいずれのご応募も無効となりますのでご注意ください。
・応募時の内容に記載不備がある場合。
・お客さまのご住所が不明・又は連絡不能などの場合。
・本キャンペーン当選賞品を、インターネットオークションなどで第三者に転売・譲渡することは禁止しております。

記者 : Kstyle編集部