「PRODUCE X 101」ついにスタート!YG&JYP&俳優まで…レベルテスト初の1位獲得者は(総合)

TVREPORT |

写真=Mnet「PRODUCE X 101」放送画面キャプチャー
デビュー5年目の俳優からテコンドーのルーキーまで。「PRODUCE X 101」のレベルテストが始まった。

3日に韓国で初放送されたMnet「PRODUCE X 101」では、アイドルデビューという夢を叶えるために乗り出す101人の少年たちの物語が繰り広げられ、練習生たちのレベルテストの結果が公開された。

何より、YG ENTERTAINMENT練習生を始め、JYPエンターテインメント練習生、ドラマ「SKYキャッスル」出演俳優、South Club ナム・テヒョンの弟ナム・ドンヒョンまで、注目の練習生たちが集結して話題だ。

レベルテストに先立ち、練習生たちと国民プロデューサー代表の俳優イ・ドンウクが出会った。その場でイ・ドンウクは「代表のオファーを受けてとても悩んだ。僕は歌手ではないので、この番組に出て大丈夫だろうかと。だけど、デビュー前を思い出した。僕にも下積み時代があって、デビュー前があった。その切実な気持ちを十分共感できると思ってこの場に立つことになった」と明かした。

イ・ドンウクは「みなさんを頼もしくサポートする兄になりたい。僕をできるだけ利用し、活用してほしい」と付け加え、練習生たちの緊張を和らげた。

シーズン2と同じく、最終的にデビューできる人数は11人だ。しかし、今シーズンは最終順位発表式で10人のメンバーを決め、最後の1人は累積投票数が最も多い練習生が選ばれる。

第1関門であるレベルテストもさらに過酷になった。最下レベルであるXレベルの練習生は資格がないと判断され、そのまま脱落となる。俳優パク・ソンホはこれ以上残酷なことはないと、当惑した。

レベルテストが始まり、ニューシーズンの団体曲「_ジマ」のセンターであるソン・ドンピョは才能を披露してプロデューサーたちを虜にした。イ・ドンウクを誘惑したというソン・ドンピョの言葉に、プロデューサーたちは笑顔を見せた。

しかし、ソン・ドンピョはAレベルではなくBレベルにとどまった。ソン・ドンピョは「一生懸命努力し、とりあえずAレベルを手にしたい」と抱負を語った。

その後、“アイドルの名家”と呼ばれるSTARSHIPエンターテインメントの練習生たちが挑戦状を叩きつけた。しかし、期待以下のパフォーマンスでトレーナーたちを驚かせた。

トレーナーたちはさらに機会を与えたが、その機会さえも活かすことはできなかった。トレーナーたちは「ここはそんなちんぷんかんぷんで冗談で出てくる場所ではない」「意欲が見えない。圧倒されているのか? 私たちは手伝うために出ている人たちだ。私たちの前でそこまで圧倒されたら、ステージにはどうやって立つ?」と厳しい評価をした。その結果、カン・ミンヒ、ク・ジョンモ、ソン・ヒョンジュンはXレベルにとどまって脱落となった。

Aレベルの練習生も誕生した。OUIエンターテインメントのキム・ヨハンがその主人公だ。キム・ヨハンは全国大会優勝に輝くテコンドーのルーキーであり、同日、歌手SE7ENの「COME BACK TO ME」を選曲し、独特な魅力を誇ってAレベルを手にした。

俳優パク・ソンホも「PRODUCE X 101」に挑戦状を叩きつけた。パク・ソンホは現在俳優として活躍しているにもかかわらず、アイドルへの夢を諦めることはできなかったとし、レベルテストで才能を披露してBレベルを受けた。

他にBRANDNEW MUSICのユン・ジョンハン、イ・ウンサンも完璧な息でAレベルとなった。MBKエンターテインメントではナム・ドヒョンがAレベルを手にした。「SUPER STAR K」出身のソン・ユビンもAレベル獲得に成功し、期待を高めた。

放送最後に公開された第1回放送終了時点の順位で1位を獲得した練習生は、Jellyfishエンターテインメント所属のキム・ミンギュとなった。

「PRODUCE X 101」制作発表会に101人が集結!5年契約の理由とは(総合)

「PRODUCE X 101」練習生たちが登場するブルーカーペットイベントが大成功!ファン殺到

記者 : イ・ヘミ