2PM チャンソン、初の悪役に変身!「だから私はアンチファンと結婚した」ダークなカリスマ溢れる写真公開

MYDAILY |

写真=(株)godinmedia
初めて悪役に挑戦する2PM チャンソンのダークなカリスマが視線を集めている。

「だから私はアンチファンと結婚した」(脚本:ナム・ジヨン&キム・ウンジョン、演出:カン・チョルウ、制作:(株)godinmedia)は、世界的なK-POPトップスターのフジュン(チェ・テジュン)と彼のアンチファンだと烙印を押された雑誌記者イ・グニョン(スヨン)のどたばたロマンチックコメディーを盛り込んだドラマだ。

劇中ジェイジェイ(チャンソン)は多くのものを備えている財閥家の息子で、シューピゲンエンターテインメントの代表としてフジュン、オ・イニョン(ハン・ジャイン)と一緒に練習生生活をしていた人物である。しかし、フジュンが所属事務所の期待のホープだった自分を逆転してスポットライトを独り占めするや、彼の名誉と愛を奪うためにブレーキなしで疾走していく人物だ。

公開された写真の中のチャンソンは、ダークさの結晶であるジェイジェイに変身して、近寄りがたいオーラを放って視線を奪っている。特に火花が散るような見る人の心臓を撃ち抜く眼差しと、女心を揺さぶるすっきりしたスーツ姿で、人々をときめかせている。

それに加えてオーラから格別な彼は、フジュンとイ・グニョンのどたばたロマンスの間で披露する活躍に対する好奇心をも誘発する。何よりも、彼が持っている圧倒的な魅力が視聴者たちを虜にして、女性視聴者の心拍数を増加させる見通しだ。

制作会社の関係者は「チャンソンは『だから私はアンチファンと結婚した』を通じて、初めて悪役として視聴者の前に登場する。一瞬にしてドラマの雰囲気を転換させる、特別な存在感を確認することができるだろう。今まで見たことがなかった彼の新しい変身と、ジェイジェイの活躍にも多くの関心を持っていただきたいと思う」と話し、放送に対する期待を倍増させた。

新たなロマンチックコメディー決定版の誕生を予告する「だから私はアンチファンと結婚した」はハリウッドのメジャースタジオである「ワーナー・ブラザーズ・コリアTVプロダクション」が投資と共同制作者として参加し、北中米ですでに先行販売が完了し、韓国のテレビ編成に合わせて160ヶ国で同時に放送される予定だ。

記者 : ヨ・ドンウン