チョ・ジョンソク&ユン・シユン主演ドラマ「緑豆の花(原題)」4月にKNTVにて日本初放送がスタート!

KSTYLE |

(C)SBS
チョ・ジョンソク&ユン・シユン共演「六龍が飛ぶ」の監督が贈る本格時代劇「緑豆の花(原題)」がKNTVにて4月より日本初放送することが決定した。

■番組概要
「緑豆の花(原題)」
放送日時:4月27日(月)日本初放送スタート
毎週(月)午後8:00~10:30(2話連続)ほか
全24話 (C)SBS

<出演者>
チョ・ジョンソク、ユン・シユン、ハン・イェリ、チェ・ムソン、パク・ヒョックォン、パク・ギュヨン、ノ・ヘンハほか

<制作陣>
脚本:チョン・ヒョンミン(「鄭道伝<チョン・ドジョン>」「ラスト・チャンス~愛と勝利のアッセンブリー~」)
演出:シン・ギョンス(「根の深い木—世宗大王の誓い-」「六龍が飛ぶ」)、キム・スンホ

<あらすじ>
1894年、全羅道(チョルラド)。役人たちは税金着服、収賄など不正三昧で私腹を肥やし民は食べるものもなく苦しい生活を強いられていた。役人の庶子として生まれたイガン(チョ・ジョンソク)は幼い頃から民に暴行を働くよう父に育てられ、庶子という負い目から鬱憤を抱えながら生きていた。イガンの腹違いの弟イヒョン(ユン・シユン)は本妻の子としてエリート教育を受け日本留学から戻る。義母兄弟という関係でありながら、イガンは心優しい弟を可愛がり、イヒョンもまた兄を慕い、自分が生まれたことがイガンの立場を追い詰めたと思い兄に対する罪悪感を抱いていた。民衆の不満が募る中、イガンはある日商人のジャイン(ハン・イェリ)と口論になり非難される。
一方その頃、東学の指導者であるチョン・ボンジュン(チェ・ムソン)は身分差のない世界を目指し農民運動を密かに計画中だった。やがてイガンは、ボンジュンとの出会いから自分の道を見出し革命に身を投じていく。そしてジャインもまたイガンの本当の心の内を知り、運命を共にするように。そんな中、イヒョンは徴集され、農民軍の討伐に駆り出されてしまう。農民を想い立ち上がった兄と、誰よりも民のことを考えながらも時代の荒波に巻き込まれ銃を手にした弟、兄弟は敵同士として再会することになり……。

■関連サイト
公式サイト:https://knda.tv/kntv/

記者 : Kstyle編集部