チョ・ヨジョン&キム・ガンウ出演、新ドラマ「99億の女」予告映像第2弾を公開…ミステリアスな登場人物に注目

Newsen |

写真=KBS 2TV「99億の女」予告映像第2弾キャプチャー
「99億の女」がベールを脱いだ。

初放送を控えたKBS 2TVの新水木ドラマ「99億の女」(脚本:ハン・ジフン、演出:キム・ヨンジョ)は22日、予告映像第2弾を公開して期待を高めた。

公開された予告映像は、スペクタクルな展開の中でミステリアスな人物の関係を描き出し、注目を集めている。まず、「忍耐力がどんどん限界にきています」と言うチョン・ウンイン(ホン・インピョ役)のセリフと共に、暴行を受けているように投げつけられるチョ・ヨジョン(チョン・ソヨン役)の姿が衝撃を与える。それから恐怖に怯えるチョ・ヨジョンを辛そうな顔で抱きしめているチョン・ウンインの姿が登場し、二人の関係への好奇心を刺激する。

淡々とした表情のチョ・ヨジョンと、意味深な笑顔で見つめるオ・ナラ(ユン・ヒジュ役)の顔と水の中に飛び込んだチョ・ヨジョンを掴んで喧嘩するイ・ジフン(イ・ジェフン役)の姿まで交錯する。

また、納骨堂で写真を触りながら弟を懐かしむキム・ガンウ(カン・テウ)の姿が目を引く。「あなたをこんなふうにした奴ら、俺の手で捕まえる」と怒りを露わにするキム・ガンウのセリフは、弟の死を暴くために世の中へ飛び出してくる劇中のカン・テウの強力な警告を予告した。そしてチョ・ヨジョンの頬を手で優しく包んでいるイ・ジフンの姿と共に流れる「私たちはもう共犯です」という台詞は、劇中で99億と絡んでいる二人の関係への好奇心を刺激し、没入感を与える。

早く変わる紙幣計数機の数字と札束、「これ以上は壊れることもありません。このお金なら何でも変えることができます」という台詞で終わる予告映像第2弾は、現金99億をめぐって、チョ・ヨジョンとキム・ガンウ、チョン・ウンイン、オ・ナラ、イ・ジフンらがそれぞれ異なるストーリーを持っていることを予告し、期待を高める。

「99億の女」は偶然現金99億ウォン(約9億円)を手にした女性が、世の中に立ち向かっていくストーリーを描くドラマだ。希望のない人生を生きていた女性に現金99億ウォンという一世一代のチャンスが訪れ、99億ウォンを守るため強く生き残らなければならない女性の物語が興味深く描かれる。

「99億の女」は「椿咲く頃」の後番組で、韓国で12月4日に放送スタートする。

記者 : パク・アルム