チョ・ヨジョン&キム・ガンウ出演、新ドラマ「99億の女」予告映像を公開…放送に期待

TVREPORT |

写真=KBS 2TV
KBS 2TV新水木ドラマ「99億の女」が予告映像を公開し、本格的なドラマの登場を知らせた。

韓国で27日に初放送される「99億の女」は偶然、現金99億ウォン(約8億5千万円)を手に入れた女性が世界と戦うストーリーを描くドラマ。

希望のない人生を耐えていた女に現金99億ウォンという一世一代のチャンスがやってくる。巨額のお金を巡り、貪欲に満ちた人間たちの伏魔殿の中で99億を守るために戦いながら強く生き残らなければならない女のストーリーが興味深く繰り広げられる。

予告映像では何より巨額の札束が視線をとらえる。紙幣計数器に示される数字99、5万ウォンの札束に続き「このお金、私たちが持ちましょう」と惑わされたようにお金を掴むチョ・ヨジョン(チョン・ソヨン役)の決意に満ちた表情と「絶対に逃さない」というセリフが事件の始まりを告げる。

続いて疑わしい表情でポリスラインが設置された事件現場を見回るキム・ガンウ(カン・テウ役)が登場し、葬式場に設置された造花をひっくり返しながら憤怒するキム・ガンウ(カン・テウ役)の姿と一緒に流れる「世の中に平凡な事故はありません。私が知りたいのは、その真実だけです」というセリフはドラマに対する好奇心を刺激する。

また映画さながらのスケールが目立つアクションが視線を捉えながら緊張感を高める。

自動車事故現場と血だらけになった謎の人物、誰かに追われているように道路を走るキム・ガンウ(カン・テウ役)の姿が相次いで登場し、スペックタックルな展開を予告したのだ。

特にチョン・ウンイン(ホン・インピョ役)、オ・ナラ(ユン・ヒジュ役)、イ・ジフン(イ・ジェフン役)の冷たい表情と眼差しは没入度を高め、現金99億を巡って彼らがどう絡むのか、好奇心を刺激する。

公開された予告映像は短い分量であるにもかかわらず近づけないオーラのキャラクターたちとレベルの違うアクション、緊張感溢れる展開で期待感を高める。

目が離せられない予告映像の公開で期待感を高めるKBS 2TV新水木ドラマ「99億の女」は「椿咲く頃」の後番組として27日に初放送される。

記者 : ソン・ヒョジョン