チョン・イル&Ara&クォン・ユル&パク・フン、新ドラマ「獬豸」への出演を確定…来年上半期に放送予定

MYDAILY |

写真=マイデイリー DB
俳優チョン・イル、クォン・ユル、Ara、パク・フンが呼吸を合わせる。

昨日(30日)、SBSの関係者はマイデイリーに「チョン・イル、クォン・ユル、Ara、パク・フンがSBS新ドラマ『獬豸(カイチ)』への出演を確定した。放送日は未定だ」と伝えた。

「獬豸」は、卑賤なムスリ(雑事を担当する下女)から生まれた王子・延礽君(ヨンニングン、チョン・イル)とヨジ(Ara)が力を合わせて大権を奪い取り、正義を正しく立てる冒険を描いた作品だ。

今年11月末に除隊する予定のチョン・イルは劇中、延礽君イ・グム役を演じる。イ・グムは生まれながらの天才、王の血肉、堂々とした王子だが、母親が賤民であるため王室だけではなく、朝鮮の誰からも完全な王子として認められない人物だ。

Araは、男子ではなく女子だから差別されるのが嫌なヨジ役を演じる。すべての捜査官の中でも、武術と捜査実力が最も優れている司憲府の茶母(タモ、女刑事のような職業女性)だ。クォン・ユルは、力がない家紋で生まれたパク・ムンス役を演じ、パク・フンは有名な役者ダルムン役を演じる予定だ。

「獬豸」は韓国で来年上半期に放送される予定で、放送日は未定だ。

記者 : イ・イェウン