ユ・スンホ&INFINITE エル「君主」初対面シーンを公開…同じ名前を持つ“2人のブロマンス”に期待

10asia |

写真=MBC
「君主」のユ・スンホとINFINITE エル(本名:キム・ミョンス) がイ・ソンという同じ名前を持つブロマンス(男同士の友情) を開始する。

韓国で5月10日に初放送予定のMBC「君主-仮面の主人」(脚本:パク・ヘジン、チョン・ヘリ、演出:ノ・ドチョル、以下「君主」) は、朝鮮全土の水を私有化し、莫大な富と権力を得た組織“辺首会(ピョンスフェ)”に立ち向かう世子(セジャ) の死闘と愛を描く作品だ。ユ・スンホは「君主」で、苦しんでいる人々を救うために 辺首会に立ち向かう世子イ・ソン役に、エルは天才的な頭脳を持つが身分のせいでむしろこれが重荷となる屠殺(とさつ) 場の息子、賤民イ・ソン役を引き受け、熱演を展開する。

これに関連し、ユ・スンホとエルが平坦ではない運命のもと絡んでいく初対面のシーンがキャッチされた。劇中、世子イ・ソン(ユ・スンホ) と賤民イ・ソン(エル) が並んで歩きながら、お互いああだこうだと言い合う場面だ。突然、立ち止まったままお互いに穴が開くほど睨み付ける2人の姿に、緊張感が感じられる。

イ・ソンという同じ名前のせいで絡んでいくユ・スンホとエルは、世子と賤民という身分を超えるちょっと変わった“ブロマンス”を予告している。いがみ合う姿とは異なり、花のような微笑みは、2人の男のブロマンスへの期待を高めている。

ユ・スンホとエルの初対面のシーンは、1月10日、京畿道(キョンギド) 楊州(ヤンジュ) で撮影された。この日ユ・スンホとエルは、初めて一緒に「君主」の撮影を行った。現場に到着してすぐ、2人はお互い挨拶を交わしながら雰囲気を盛り上げた。撮影準備が行われる間、小声でお喋りをしていた2人は、リハーサルに入ると台本を手にしたまま、細かい部分まで分析する姿でドラマを向ける熱意を見せた。

何よりもユ・スンホとエルは撮影が開始されると同時に完全に役に入り込み、世子イ・ソンと賤民イ・ソンに深くハマり熱演を繰り広げた。演技に集中していた2人は、監督の「カット」の声がすると同時に、一気に笑い出し現場を和やかにした。

制作陣は「ユ・スンホとエルは『君主』の撮影が始まり、2人が息を合わせた初めての撮影であったにもかかわらず、演技の息もぴったりの相性で撮影中現場の雰囲気を明るくさせた」とし、「同じ名前を持つが、身分はまったく異なる2人が絡みに絡んだ運命をどう繰り広げるのか、2人の熱演に期待してほしい」と伝えた。

「君主」は、歴史的な事実を基に再創造した“混成ファクション(事実と虚構を混ぜた) 時代劇”で、政治と恋愛が適度に調和し新鮮な内容を予告している。「自己発光オフィス」の後番組として、5月に放送される予定だ。

記者 : チョ・ヒョンジュ、翻訳 : 前田康代