ユ・ヘジン&リュ・ジュンヨル主演の映画「フクロウ」緊張感あふれるメイン予告編を公開

TVREPORT |

写真=NEW
映画「フクロウ」のメイン予告編が公開された。

同作は夜だけ前が見える盲人鍼術師が世子の死を目撃した後、真実を明らかにするために繰り広げる一夜の死闘を描いたスリラー映画だ。

今回公開された予告編は、「一度だけ聞く。誰がさせたのか?」と冷たく聞く仁祖(ユ・ヘジン)と怯えているギョンス(リュ・ジュンヨル)の姿で始まる。

続けて盲人鍼術師のギョンスが優れた針術を認められ、宮に入るシーンが流れ、昼は目が見えないが暗い夜には見ることがてきる姿で好奇心を刺激した。

また、清から8年ぶりに帰ってきた世子に「ご苦労だった、息子よ」と温かい言葉をかけるも、本音が分からない表情を見せる仁祖の姿は、2人の関係に関心を集めている。

特に突然死亡した世子をギョンスが唯一目撃し、観客は一気に劇に吸い込まれる。狂気に満ちた仁祖、そしてギョンスは命が脅かされる状況の中でも世子の事件の真実に迫る。

「夜が明けるまで真実を明かさないと」という言葉で終わる予告編を終えた映画「フクロウ」は、韓国で今月23日に公開される。

記者 : キム・ヨンジェ