ユ・アイン&蒼井優「第15回アジア・フィルム・アワード」男女主演賞に!今年最多受賞作は黒沢清監督の「スパイの妻」

Newsen |

写真=Newsen DB
俳優のユ・アイン、女優の蒼井優が「第15回アジア・フィルム・アワード」で主演賞を受賞した。

10月8日、Asian Film Awards Academyは「第26回釜山国際映画祭」「2021 アジアコンテンツ&フィルムマーケット」と協業して開催した「第15回アジア・フィルム・アワード」18部門の受賞者を発表した。

「第15回アジア・フィルム・アワード」の授賞式には80人の候補者が出席した。女優のキム・ギュリと映画専門YouTuberであるイ・スングクがMCを務めた今回の授賞式には、今年の審査委員長を務めたイ・チャンドン監督とアジア映画エクセレンス賞の受賞者である俳優のイ・ビョンホンをはじめ、俳優のユ・アイン、チョン・ジョンソ、パク・ジョンミン、チャン・ユンジュ、キム・ヒョンビン、コン・スンヨンと濱口竜介などが出席した。

今年の最多受賞作は黒沢清監督の「スパイの妻」(日本)で、女優主演賞(蒼井優)と衣装賞(纐纈春樹)に輝いた。監督賞は映画「One Second」(中国)のチャン・イーモウ監督が受賞、「One Second」の新人俳優リュ・ハオチュンが新人賞を受賞した。

韓国俳優たちも受賞で存在感をアピールした。映画「声もなく」で動作と表情だけで観客を没入させた俳優のユ・アインが男優主演賞を、映画「沈黙の森」(台湾)で耳が聞こえない男子学生役を演じた俳優のキム・ヒョンビンは男優助演賞をそれぞれ受賞した。

デビュー作「声もなく」で「第41回青龍映画賞」監督賞、「第25回ファンタジア国際映画祭」で最優秀作品賞を受賞したホン・ウィジョン監督が、「第15回アジア・フィルム・アワード」でも新人監督賞を受賞した。

女優助演賞は映画「True Mothers」(「朝が来る」日本)で説得力のある演技を見せた10代女優の蒔田彩珠、脚本賞はチャイタイナ・タムハネ監督の映画「授業時代」(インド)、撮影賞は映画「The Wasteland」(イラン)のマスド・アミニ・ティラニが受賞した。

コロナ禍の状況の中でオン・オフラインで行われた「第15回アジア・フィルム・アワード」授賞式は、YouTubeとNAVERで生中継され、数千人の視聴者を動員するなど、注目を集めた。

・【PHOTO】イ・ビョンホン&ユ・アイン&パク・ジョンミンら「第15回アジア・フィルム・アワード」レッドカーペットに登場

・役所広司&蒼井優らと共に…ユ・アイン&チョン・ジョンソ「第15回アジア・フィルム・アワード」男女主演賞にノミネート

記者 : キム・ノウル