チョン・ウソン&クァク・ドウォン&ユ・ヨンソク主演、映画「鋼鉄の雨2:首脳会談」キャラクターポスターを公開

MYDAILY |

写真=ロッテエンターテインメント
映画「鋼鉄の雨2:首脳会談」が4人のキャラクターポスターを公開した。

「鋼鉄の雨2:首脳会談」は、米朝韓首脳会談の最中に起こった北朝鮮のクーデターにより、3人の首脳が北朝鮮の潜水艦に拉致されることから繰り広げられる、戦争勃発の危機的状況を描いた作品だ。予想もできなかった北朝鮮のクーデターによって、狭い北朝鮮の潜水艦で本物の首脳会談をするようになる人物たちの緊張感が漂うキャラクターポスターを公開した。

公開されたポスターは、各国のランドマークと潜水艦を背景に、朝鮮半島をめぐってそれぞれの信念を持っている人物たちの姿を、ドラマチックに盛り込んで視線を集めた。

韓国の大統領ハン・ギョンジェ(チョン・ウドン)のキャラクターポスターは、頬杖を突いたまま正面を見つめる冷徹な眼差しが目を引く。平和協定のために集まった首脳会談現場から、潜水艦の狭い艦長室に監禁される瞬間まで。北米の首脳を説得し続け、迫った戦争を防ぐために奮闘する韓国の大統領の複雑な内面をそのまま表した。

クーデターを起こした北朝鮮の護衛総局長役のクァク・ドウォンのキャラクターポスターは、悲壮感漂う眼差しと重圧のあるカリスマ性を通じて、非核化と北米修交及び平和体制に反対する北朝鮮の鋼鉄のような信念を垣間見ることができる。北朝鮮で一番高い建物であるリュギョンホテルを背景に鋭い眼差しを見せているクァク・ドウォンは、自身の選択が政権に抵抗するクーデターではなく、祖国と人民のための革命と信じる強靭な姿を通じて、圧倒的な没入感を与える予定だ。

北朝鮮の委員長チョ・ソンサ(ユ・ソンソク)のキャラクターポスターは、北朝鮮の委員長に対する固定概念を破った破格的なビジュアルで視線を集めた。強硬派の反対に立ち向かって史上初、北米首脳会談を敢行した北朝鮮の指導者の悩みと葛藤を、繊細な表現力と人間味溢れる感情表現で完成したユ・ヨンソクの一風変わったイメージチェンジが期待を高める。

最後にアメリカの大統領スムート役を演技したアンガス・マクファーデンは、公の場でも性格を隠すことができず、自身が言いたいことばかり言うキャラクターらしく、激昂した表情で存在感をアピールしている。ここにホワイトハウスが加わり、どんな状況でも自身とアメリカが世界の中心だと考えている姿が、劇に活気を与える予定だ。

韓国の大統領の背景には島山安昌浩級潜水艦、北朝鮮側の二人の人物の背景には映画内に登場する北朝鮮初の核潜水艦である白頭(ペクトゥ)号、そしてアメリカ大統領の背景にはバージニア級原子力潜水艦が描かれており、潜水艦戦の実体に対する好奇心を刺激する。「鋼鉄の雨2:首脳会談」のキャラクターポスターは、朝鮮半島をめぐってそれぞれ違う信念を持っている人物たちの姿を緊迫に盛り込み、映画への期待をさらに高めた。

「鋼鉄の雨2:首脳会談」は韓国で7月29日に公開される。

記者 : イ・イェウン