Wanna One出身オン・ソンウ主演「十八の瞬間」から“次世代俳優”チャン・ドンユン主演「ノクドゥ伝」まで… 衛星劇場は2020年も多彩なラインナップ

KSTYLE | |PR

「ジャスティス-復讐という名の正義-」
Licensed by KBS Media Ltd. (C) 2019 KBS. All rights reserved
CS放送局「衛星劇場」では、チャン・ドンユン主演の「ノクドゥ伝」やWanna One出身のオン・ソンウ主演の「十八の瞬間」など注目の次世代スター出演作はもちろん、チェ・ジニョク主演のソーシャルサスペンス「ジャスティス」や、大ヒットサスペンス「検法男女」のシーズン1、2など、2020年も多彩な作品をラインナップ。昨年末の「2019 SBS演技大賞」で最高賞の“大賞”ほか全8冠に輝いたキム・ナムギル主演作「熱血司祭」も放送が決定し、今年も衛星劇場から目が離せない。

まず1月23日(木)からはソーシャルサスペンス「ジャスティス-復讐という名の正義-」を日本初放送する。本作は「愛の迷宮-トンネル-」「恋の記憶は24時間~マソンの喜び~」など幅広いジャンルの作品で活躍するチェ・ジニョク主演作。同名のウェブ小説が原作で、韓国放送時には視聴率同時間帯1位を記録した。

弟の死の真相を掴むために悪魔のような男と取引した弁護士と、家族のために悪魔となった男が韓国社会のVIPたちの裏の顔を暴いていく物語だ。共演は「クリミナル・マインド:KOREA」のベテラン俳優ソン・ヒョンジュと、「KILL IT -キルイット-」のナナ。映画のような映像美と緊迫感のある展開が視聴者を釘付けにした。

「検法男女(原題)」
(C) 2018MBC
そしてサスペンスドラマのファンは必見! 大ヒットシリーズ「検法男女(原題)」のシーズン1、2を1月21日(火)からアンコール一挙放送する。オタク法医学者と新人女検事のコンビが事件を解決していく本シリーズは、緻密な資料調査を経て具現化されたリアリティのあるストーリーが好評を博し、ファンからはシーズン3への熱い期待が注がれている。まだ観ていない人はこの機会をお見逃しなく。

「ジャスティス2 -検法男女-」
(C) 2019MBC
1月30日にはラブコメ時代劇「ノクドゥ伝~花に降る月明り~」の第1話を先行放送する。これまで“男装するヒロイン”が登場する時代劇はいくつもあったが、本作は“イケメンが女装”した時代劇。見どころは何と言っても、男子禁制の未亡人村に潜入するために女装する、主人公ノクドゥを演じたチャン・ドンユンの美しさだ。

妓生見習いの女子、ドンジュ(キム・ソヒョン扮)との同居生活が展開するが、単なるラブコメではなく、本格的な時代劇としても描かれ、アクションあり、笑いあり、涙ありの作品に仕上がっている。本作でチャン・ドンユンは一躍大ブレイク! 次回作がどんな作品になるのか、早くも期待されている。衛星劇場では2月14日(金)から本放送がスタートする。

「ノクドゥ伝~花に降る月明り~」
Licensed by KBS Media Ltd. (C) 2019 KBS. All rights reserved
2月26日(水)からは学園青春ドラマ「十八の瞬間(原題)」を日本初放送。本作はWanna One出身のオン・ソンウの俳優デビュー作であり、初主演作でもある。誰もが経験する18歳の人間関係や、嫉妬や憎しみ、心がはちきれそうな恋をリアルに描き、“18歳の瞬間を見事に切り取っている”と若者だけでなく幅広い層からの支持を集めた。

ヒロインは大ヒット映画「神と共に」のキム・ヒャンギで、他にウェブドラマ「A-TEEN」のシン・スンホ、「セブンティーン」のキム・ドワン、ASTROのムンビンなど、今注目の若手俳優たちが総出演している。俳優としても確かな一歩を踏み出したオン・ソンウの演技は必見だ。

「十八の瞬間(原題)」
(C) Jcontentree corp & JTBC Content Hub Co., Ltd. all rights reserved.
そして昨年大晦日に開催された「2019 SBS演技大賞」で最高賞の“大賞”ほか、全8冠を達成したキム・ナムギル主演の「熱血司祭(原題)」を2月18日(火)からリクエスト放送することが決定した。このドラマは、キム・ナムギル演じる血の気の多いカトリック司祭がおバカな刑事と共に恩師の死の真相を捜査するというコミカルアクションドラマ。不正に手を染めた警察や財閥、国会議員らを懲らしめていく様を痛快に描き高い評価を得た、2019年を代表する作品だ。

「熱血司祭(原題)」
(C)SBS
さらに、2月13日(木)からはキム・ヨングァン主演のドラマ「初対面で愛します(原題)」をアンコール一挙放送。全16話を一ヶ月ですべて観られる貴重な機会をお見逃しなく。

バラエティ番組も充実の衛星劇場では、2月18日(火)から「ジャングルの法則」の新シーズン「北マリアナ編」がスタート。おなじみのキム・ビョンマン族長はもちろん、GOT7 ユギョム、THE BOYZ ジュヨン、宇宙少女 ボナらが参戦。

「初対面で愛します(原題)」
(C)SBS
「ジャングルの法則 北マリアナ編」
(C)SBS
他にも俳優チョン・イルの昨年5月のファンミーティング「2019 JUNG ILWOO ASIA FAN MEETING ~him~ IN JAPAN」を再放送するほか、密着番組「チョン・イル STORY IN JAPAN」の一挙放送も。ドラマだけでなく、バラエティ番組やコンサート、ファンミーティングなどなど、2020年も衛星劇場のラインナップを要チェックだ。

「2019 JUNG ILWOO ASIA FAN MEETING ~him~ IN JAPAN」
(C)J1 International Co., ltd
密着番組「チョン・イル STORY IN JAPAN」
(C) J1 International Co., ltd

■放送情報
「ジャスティス-復讐という名の正義-」
放送日時:1月23日(木)放送スタート
毎週(木) 午後11:00~深夜1:30ほか(2話連続放送)
全16話

出演:チェ・ジニョク、ソン・ヒョンジュ、ナナ(AFTERSCHOOL)、パク・ソンフン、イ・ハクジュ
演出:チョ・ウン、ファン・スンギ / 脚本:チョン・チャンミ

「検法男女(原題)」
放送日時:1月21日(火) アンコール一挙放送スタート
毎週(月)~(金) 午前5:00~7:30(2話連続放送)
全16話

出演:チョン・ジェヨン、チョン・ユミ、イ・イギョン、パク・ウンソク、ステファニー・リー
演出:ノ・ドチョル / 脚本:ミン・ジウン、ウォン・ヨンシル

「ジャスティス2 -検法男女-」
放送日時:2月3日(月) アンコール一挙放送スタート
毎週(月)~(金) 午前5:00~7:30(2話連続放送)
全16話

出演:チョン・ジェヨン、チョン・ユミ、オ・マンソク、ノ・ミヌ、カン・スンヒョン
演出:ノ・ドチョル、ハン・ジンソン / 脚本:ミン・ジウン、チョ・ウォンギ

「ノクドゥ伝~花に降る月明り~」
放送日時:1月31日(金) 午後9:15~10:30 第1話先行放送
※2月14日(金)より本放送スタート
毎週(金) 午後11:00~深夜1:30ほか(2話連続放送)
全16話

出演:チャン・ドンユン、キム・ソヒョン、カン・テオ(5urprise)、チョン・ジュノ、ソン・ゴニ
演出:キム・ドンフィ、カン・スヨン / 脚本:イム・イェジン、ペク・ソヨン

「十八の瞬間(原題)」
放送日時:2月26日(水)放送スタート
毎週(水) 午後11:00~深夜1:30ほか(2話連続放送)
全16話

出演:オン・ソンウ(Wanna One出身)、キム・ヒャンギ、シン・スンホ、カン・ギヨン、ホ・ヨンジ(KARA)、ムンビン(ASTRO)
演出:シム・ナヨン / 脚本:ユン・ギョンア

「熱血司祭(原題)」
放送日時:2月18日(火)放送スタート
毎週(火) 午後8:30~11:00(2話連続放送)
全20話

出演:キム・ナムギル、キム・ソンギュン、イ・ハニ、コ・ジュン、クム・セロク
演出:イ・ミョンウ / 脚本:パク・ジェボム

「初対面で愛します(原題)」
放送日時:2月13日(木) アンコール一挙放送スタート
毎週(月)~(金) 午前5:00~7:30(2話連続放送)
全16話

出演:キム・ヨングァン、チン・ギジュ、キム・ジェギョン、ク・ジャソン
演出:イ・グァンヨン / 脚本:キム・アジョン

「ジャングルの法則 北マリアナ編」
放送日時:2月18日(火) 放送スタート
毎週(火) 深夜3:30~5:00ほか
全9回

出演:キム・ビョンマン、イ・ヨンボク、チ・サンリョル、イ・テゴン、ハン・ボルム、キム・ユンサン、ユギョム(GOT7)、ルー(NATURE)、パク・テファン、イ・ジョンヒョク、オ・ジョンヒョク(Click-B)、ヤン・セチャン、イ・ジュヨン(元AFTERSCHOOL)、ボナ(宇宙少女)、ジュヨン(THE BOYZ)

「2019 JUNG ILWOO ASIA FAN MEETING ~him~ IN JAPAN」
放送日時:2月26日(水) 午前6:00~7:00
出演:チョン・イル

密着番組「チョン・イル STORY IN JAPAN」
放送日時:2月27日(木) 午前6:00~7:30 アンコール一挙放送(3話連続放送)
全3回
出演:チョン・イル

■関連サイト
衛星劇場ホームページ:http://www.eigeki.com/special/hanryu_drama_sengen

記者 : Kstyle編集部