パク・セワン&クァク・ドンヨンら出演ドラマ「二度はない」ポスターイメージを公開…レトロな雰囲気

OSEN |

PANエンターテインメント
「二度はない」のレトロな雰囲気が盛り込まれた公式ポスターを公開した。

MBC新週末ドラマ「二度はない」は22日、公式ポスターイメージ2種類を公開した。「二度はない」は、ソウルの真ん中にある古い「楽園旅館」に集まった宿泊客たちが「人生に二度目はない」と叫びながら、失敗と傷を乗り越えて再起を夢見る愉快、爽快、痛快な挑戦記を描くドラマだ。韓国の国民的女優ユン・ヨジョンと週末ドラマヒットの神話を続けているク・ヒョンスク脚本家がタッグを組んだ作品で、早くから多くの期待が寄せられている。「二度はない」は、お茶の間に爆笑と暖かい共感、痛快なサイダー魅力まで届けることを予告し、注目を集めている。

そんな中、最近最もトレンディなニュートロ感性たっぷりの「二度はない」の公式ポスター2種類がベールを脱いだ。まず、劇中に登場する楽園旅館の人々、そして対立関係にあるクソンホテルの人々が揃った13人の団体ポスターが注目を集めた。ユン・ヨジョンからパク・セワン、クァク・ドンヨン、オ・ジホ、イェ・ジウォン、パク・アイン、ソン・ウォンソク、チュ・ヒョン、ハン・ジニ、パク・ジュングム、ファン・ヨンヒ、チョン・ソギョン、コ・スヒまで、劇中のキャラクターに完璧に変身した俳優たちがそれぞれのオーラを放っている。その中でも、楽園旅館のCEOユン・ヨジョンは、ポスターの真ん中で圧倒的な存在感をアピールしており、視線を奪う。そこに俳優たち全員がそれぞれのキャラクターの特徴と魅力をリアルに表現しており、彼らが劇中で披露する魅力満点のキャラクターを期待させた。

ポスターの両サイドで向き合っている楽園旅館とクソンホテルは、そのイメージだけでも張り詰めた対立関係を予告しており、多彩なキャラクターたちと一緒に作っていく豊富なストーリーに対する期待を高めた。特に、今回のポスターは、黄色とグリーンカラーを背景に色あせたような効果を生かして、レトロムードを漂わせる。また、さまざまな人物たちが集まって自身だけの個性を表す構図は、まるで1990年代のヒーロームービーのポスターを連想させており、彼らのドラマの中の活躍を期待させる。

別のポスターでは、時の流れを感じさせる楽園旅館を背景にしている。その前でパク・セワン、クァク・ドンヨン、オ・ジホ、イェ・ジウォン、パク・アイン、ソン・ウォンソクはベージュトーンでドレスコードを揃えており、彼らの演技アンサンブルに対する期待を高める。腕を組んだり、肩を組んだりするなど、自然な恋人たちのポーズは、彼らが劇中でどんなカップルケミ(ケミストリー、相手との相性)を披露するか、早くも好奇心をくすぐっている。

これに対して「二度はない」の制作陣は、「『二度はない』は、今では見かけないような楽園旅館を背景に、その中で新しい家族の形を作って生きている人々の話を描いている。個性溢れるさまざまなキャラクターを通じて、私たちが直面している厳しい現実に共感したり、時には一緒に泣いたり笑ったりできるだろう。間もなく初放送がスタートする『二度はない』に多くの関心と期待をお願いしたい」と伝えた。

「二度はない」は、「百年の遺産-ククスがむすぶ愛-」「伝説の魔女」「月桂樹洋服店の紳士たち」など、作品ごとに30%を上回る視聴率を記録した週末ドラマの不敗のヒット神話ク・ヒョンスク脚本家と「願いを言ってみて」「オ・ジャリョンが行く」など、明るく温かい人間模様を洗練された感覚で演出したチェ・ウォンソクプロデューサーがタッグを組んだ作品である。「冬のソナタ」「太陽を抱く月」「ドクターズ」「サム、マイウェイ~恋の一発逆転!~」「愛の温度」など、多くのヒット作を生み出したドラマの名家PANエンターテイメントが制作を担当した。

「黄金庭園」の後番組として韓国で11月2日の夜9時5分に初放送される予定だ。

記者 : ヨン・フィソン