“新人アイドル”Saturday「楽しみな土曜日のようなグループに…」

OSEN |

写真=SDエンターテインメント
音楽界にデビューしたばかりの新人ガールズグループSaturdayが野心的に挑戦状を叩きつけた。デビューして1ヶ月も経たない新人中の新人だが、情熱や覚悟だけは誰にも負けていない。

“キヨミソング”の制作者である、DanDiプロデューサーが披露したガールズグループSaturdayは、リーダーのチョヒから、メインボーカルのシオン、リードボーカルのソンハ、ラップのハヌル、サブボーカルのアヨン、ユキ、チェウォンなど、平均年齢18歳の7人のメンバーで構成されたグループだ。

グループ名のSaturdayは誰もが“楽しみに待っている土曜日”のように、人々に楽しみにされて期待されるグループになりたいという意味が込められている。

初々しく爽やかな魅力で音楽界に印象を残したいという覚悟を表したSaturdayは、最近OSEN社屋で行われたインタビューで、デビューの感想からこれからの目標などについて話した。

SBS MTV「THE SHOW」への出演とデビューショーケースを皮切りに本格的な活動に入ったSaturdayは「まだ実感が湧きません。待ちに待っていたデビューですが、待っていただけに残念だったところもあったし、まだお見せするものが多いので、もっとたくさん活動したいです」とときめきいっぱいの様子で語った。

「THE SHOW」を皮切りにKBS 2TV「ミュージックバンク」、SBS「人気歌謡」など、さまざまな音楽番組に出演したSaturdayは、初の音楽番組のステージに上がった感想を聞く質問に「最初のステージにしてはあまりミスをしませんでした。すごく緊張してたんですけど、良い成果があって嬉しいです。目の前にいるファンの方々がたくさん応援してくれて緊張をほぐすことができました。ステージで待っていた時にお互いにファイトを唱えたら、緊張が溶けてもっとリラックスすることができました」と伝えた。

また、「私たちが考えていたほど重い雰囲気ではなかったので、私たちも緊張をほぐしやすかったと思います。不思議だったのは、テレビで見ていた先輩たちを実際に見たことです。直接、ご挨拶できて嬉しかったです」と付け加えた。

Saturdayのデビュー曲は「MMook JJi BBa」で、独特な歌詞や中毒性のあるメロディが際立つ楽曲だ。メンバーたちは「メロディに中毒性があって一緒に歌いやすいので、最初に聴いた時からヒットするかもしれないと直感しました。私たちの楽曲は女性アイドルが歌うには平凡な楽曲ではありません。歌詞もそうですし、メロディもそうですし。だからこれをちゃんと歌えるかな? と思っていたんですけど、いざメンバーたちと一緒にやってみたら、ちゃんと歌えたし楽しかったです」と自信を表した。

そして「MMook JJi BBa」には、MOMOLANDの「プムプム」の振付師が振付メイキングに参加した。ポイントダンスとして「心臓暴行ダンス」と「ジャンケンポンダンス」を選んだメンバーたちは、「最初にダンスを見てすぐに踊ることができました。すぐに簡単に真似できる動作が多いし、歌詞通りに表現されている部分が多くて、私たちだけではなく他の方々も簡単に踊れる部分がたくさんあります」と話し、満足感を表した。

このようにSaturdayは音楽界に野心的に挑戦状を叩きつけたが、多くのアイドルが咲いて、また散る厳しい音楽界でずっと生き残っていくことは容易なことではない。他のガールズグループと差別化されたSaturdayならではの強みとは何だろうか。

Saturdayは「見ての通り、明るくて若くて堂々としたメンバーが多いです。それが私たちの強みだと思います。あまり照れないタイプで、どこでも明るいエネルギーをたくさん見せられるのが強みだと思います。また、私たちをよく見ると、一人一人顔が全然違います。一人も似ている人がいません。それぞれ個性がはっきりとしているので、そういう魅力があるんじゃないかと思います」

そんなSaturdayの魅力が通じてか、Saturdayのミュージックビデオ再生回数は、5日で10万回を突破するなど有意義な成績を上げている。これに対して、メンバーたちは「短い期間で再生回数10万回という成果を上げたことが嬉しくもありますが、目標をもっと高く持ちたいと思います。数百万も狙ってみたいです。他の新人アイドルよりは少し良い成績を上げているようで、これからもっと頑張って、もっと走りたいと思います。それからすべて私たちの代表のおかげだと思います。良い楽曲を作ってくれて本当に感謝しています」という感謝の言葉も忘れなかった。

最後にSaturdayはこれからの目標に対して、「Saturdayがもっと人々に知られて、Saturdayって誰? という方がいないくらい精力的に活動したいです。いつか(音楽番組で)1位も取りたいし、授賞式にも参加したいです。“楽しみな土曜日”を意味するグループ名のように、すべての人々がSaturdayと聞いた時に『あ、この子たち、楽しくて見ていると気分がいい』と思っていただけるガールズグループになりたいです」と意気込みを表した。

記者 : チ・ミンギョン