ファンタジオ、デジタルシングルプロジェクト「FM201.8」を発表…トップバッターはHELLOVENUS アリス

OSEN |

写真=Fantagio Music
HELLOVENUS、ASTRO、Weki Mekiらが所属するFantagio Musicが2018年のデジタルシングルプロジェクト「FM201.8」のスタートを知らせ、新年の幕を開ける。

Fantagio Musicは「2018年を迎え、年間プロジェクトとして『FM201.8』を展開する。今回のプロジェクトは、限りない音楽的才能を持つFantagio Musicのアーティストを、音楽というメッセージを通じて新しく発見していく“コラボレーション周波数”プロジェクトになる見込みだ」と明らかにした。

2日0時、所属事務所の公式SNSを通じて「FM201.8」プロジェクトのロゴを公開したFantagio Musicは、本日(3日)最初の主人公としてHELLOVENUSのアリスの姿を収めたカバーイメージをサプライズ公開し、プロジェクトの本格的な始まりを知らせた。

「FM201.8」のトップバッターとなるアリスは、今回のプロジェクトを通じて、本名ソン・ジュヒとして初めて音源を発売し、新しい“鼓膜彼女”の登場を予告している。発売を控えているソン・ジュヒのデジタルシングル「つまらない年頃」は、最近の若者たちが感じている人生に対する希望、そして恋の裏について歌った共感を呼ぶ感性バラード曲で、2018年新年の冬、多くの人々の耳と心を暖かくする予定だ。

アリス(ソン・ジュヒ)を皮切りにしたプロジェクト「FM201.8」は、Fantagio Musicのアーティストの“音楽的シグナル”を発信する周波数を意味する。毎月アーティストがこれまで見せてくれたカラーとは違う、または自身が求めるさまざまなジャンルやコンセプト、外部アーティストとのコラボで新しい音楽と差別化されたイメージを披露するものと期待を高めている。

これまでHELLOVENUSで披露した姿とは180度違うアリスの感性溢れるバラード「つまらない年頃」は、本日(3日)午後6時に韓国の各音楽配信サイトを通じて公開される。

記者 : キム・ウネ