ASTRO ムンビン&ユンサナ、おぼろげな雰囲気のグラビアを公開…ユニット活動にも言及

Newsen |

写真=Harper's BAZAAR KOREA
ASTROのムンビン&ユンサナのグラビアが公開された。

3rdミニアルバム「INCENSE」の「Madness」で活動を続けているムンビンとユンサナが最近、ファッション誌「Harper's BAZAAR」とグラビア撮影やインタビューを行った。

治療士と退魔師に続き、致命的な“調香師”に変身したASTROのムンビンとユンサナが、「Harper's BAZAAR」のカメラの前に立った。彼らはアルバム発売の前日、忙しいスケジュールの中でもお互いを配慮して、巧みなポーズで現場の雰囲気を和やかにした。

続くインタビューでムンビンは、今回のアルバムに対して「これまでのユニットアルバムには、僕達の空間の中で悪い記憶をなくして、幸せな思い出だけが残るようにするという意味を込めた。その延長線上でどのように方向を決めればいいのか、1番悩んだ」と話した。

ユンサナは「五感の中で1つを活用してみたらどうだろうかと思って“嗅覚”を選択した。“香り”でいい思い出を作るという意味もあるし、香りはある瞬間を記憶させる媒介にもなるので、もっと多くの人々に記憶してもらいたいという気持ちが込められている」とアルバムのコンセプトについて説明した。

続いて3枚目のユニットアルバムを発売するにあたって、これまでと変わったことについてムンビンは「今回のアルバムにはそれぞれ作詞・作曲した楽曲が収録されているので、音楽的にもっと発展した一面を披露できたと思う」とアルバムに対する自信を示し、ユンサナは「エネルギーの差がある。兄さんとたくさんのステージをして“ケミ(ケミストリー、相手との相性)”がもっと良くなった。ステージの上と裏でシナジー(相乗効果)が大きくなったようだ」と答えた。

最後に大衆にどのようなアーティストとして覚えてもらいたいかという質問に、ユンサナは「日常生活や何かを見て感じた時に思い出してもらえるアーティストとして成長したい。そのように様々な人々にインスピレーションと慰めを与えられる歌手になるのが、今の目標であり夢だ」と明かした。ムンビンは「僕たちならではの音楽とステージで覚えてもらいたい。『これはムンビン&ユンサナにしかできない』と言ってもらいたい」と答えた。

記者 : パク・スイン