キム・ナムギル、動物の権利を守るためキャンペーンを企画「馬と撮影する機会が多く…興味を持つようになった」

TVREPORT |

写真=文化芸術NGO「GILSTORY」、動物自由連帯
俳優キム・ナムギルが動物の権利の認識拡散のため、「マルトンム(馬の友達)キャンペーン」を始める。

25日、キム・ナムギルは動物の権利認識の改善および市民意識拡散のため、捨てられた引退馬の治療と保護を助ける「マルトンムキャンペーン」を始めると明かした。

文化芸術NGO「GILSTORY」を通じて行われる「マルトンムキャンペーン」は、死ぬ直前に救助された引退馬の治療および保護と共に、メディアに出演する動物たちに対する処遇改善のための市民意識拡散キャンペーンだ。動物自由連帯と協業し、引退馬の治療と保護に努めるのはもちろん、虐待され、放置された馬をケアするための活動も続けていく予定だ。

キャンペーン基金は、昨年12月3日に開催された「2022 キム・ナムギルの宇宙最強ショー」でキム・ナムギルと共に寄付で参加した俳優チョン・ウソン、パク・ソンウン、イム・シワン、ソンジュン、少女時代のソヒョン、タレントのチャン・ソンギュ、クォン・イリョン教授、ペク・ジョンウォン代表、ハン・ジェドク大代表ならびに約2000人の後援者たちの声援で作られた公演収益金で造成された。

さらに昨年「Hunt」「犯罪都市2」など、ヒット作を生み出したことに続き、最近ファン・ジョンミン&ヒョンビン主演作「交渉」を投資および配給したPLUS Mエンターテインメントとホン・ジョンイン代表取締役も寄付に参加し、意を共にした。

キム・ナムギルは「最近、馬と一緒に撮影する機会が多いため、メディアに出演する動物たちに興味を持つようになった。主に引退馬たちだが、怪我をすると捨てられたり、一部違法的に取引されるという馬もいるそうで、助ける方法を探していたところ、『マルトンムキャンペーン』を自ら企画することになった」とし、今回のキャンペーンを始めるようになったきっかけを明かした。

続いて、彼は「キャンペーンを通じて動物の権利に対する認識が広がり、撮影現場で一緒に撮影する動物に対する処遇も改善してほしいと願っている」と感想を伝えた。

文化芸術NGO「GILSTORY」は、文化芸術人たちが集まり、公共芸術活動を通じて分かち合いの価値を作り、創作者たちを後援し、ソーシャルインパクトを作っていく非営利民間団体だ。2015年、ソウル特別市傘下非営利民間団体として設立、登録され、運営されている。

記者 : イ・スヨン