チャン・グンソク&ホ・ソンテら出演の新ドラマ「ミッキ」キャラクターポスターを公開

OSEN |

写真=Coupang Play
Coupang Playの2023年初の野心作、犯罪スリラー「ミッキ」が、第1・2話公開を一週間後に控えてキャラクターポスターを公開した。

Coupang Playシリーズ「ミッキ」は、史上最大の詐欺事件の犯人が死亡してから8年後、殺人事件の容疑者として指名されたことを巡り、秘密を追跡する犯罪スリラーだ。現在の時点で行われる謎の殺人事件と、かつて大韓民国を揺るがした詐欺事件の間を行き来するユニークな構成、ほぼ20年を貫通する緻密ながら練り込まれたストーリー、予測不可能な展開とどんでん返しでいっぱいの「ミッキ」は、歴代ウェルメイド犯罪スリラーの流れを継ぐ作品として人々の関心を集めている。

今回公開されたキャラクターポスターには、刑事のク・ドハン(チャン・グンソク)と最悪の詐欺犯ノ・サンチョン(ホ・ソンテ)、そして「ノ・サンチョン詐欺事件」の被害者家族が盛り込まれている。ポスターには2006、2010、2023の3つの年度が表記されているが、各キャラクターごとに強調されている年度が異なるという点が、好奇心をそそる。 

一番最初に公開されたキャラクターポスターでは「2023年」が赤色で強調されている。公開された予告編の内容によると、ク・ドハンは「現在」時点で発生した殺人事件を調査中、現場でノ・サンチョンの名前を発見し、事件が普通でないことに気付く。

「その名前がずっと出てくる理由を知らなければならない」という台詞が、このようなキャラクター設定をしっかり説明している。

最悪の悪党・ノ・サンチョンの時間は2006年を示している。彼は予告編第1、2弾で、ノ・サンチョンのみすぼらしい若い時代と華麗でカリスマあふれる中年時代の姿が公開され注目を集めた。2006年は、彼が「底辺の羊飼い」から大韓民国を揺るがした凶悪の詐欺犯に成長する上で重要な土台になった時期だ。 

「あいつの大韓民国、お互いに騙し騙される詐欺の国だ」として幽体離脱話法を駆使するノ・サンチョン。彼がどんな過程を経て成長し、また死亡して8年越しに殺人事件の容疑者になる理由は一体何なのか、疑問が高まっている。 

最後のチョン・ナヨンのキャラクターポスターでは、2010年が赤く染まっている。彼は「ノ・サンチョン詐欺事件」の被害者家族であり現職記者で、ク・ドハンと協力して事件の真相を暴いていく人物だ。 

2010年代はノ・サンチョンの詐欺行為がピークに達した時期だ。「殺人より詐欺で死ぬ人がもっと多い」という彼の台詞から、2010年に正確にどんな事件があったのか注目が集まる。 

キャラクターポスターを公開し、期待を募らせているCoupang Playシリーズ「ミッキ」は、一週間後の1月27日から毎週2回ずつ公開され、計6回で構成されたパート1を先に披露する。パート2は、2023年の上半期中に公開される予定だ。

記者 : ハ・スジョン