ファン・ジョンミン&ヒョンビン主演映画「交渉」海外での公開が確定…世界各国からラブコール

MYDAILY |

写真=Plus Mエンターテインメント
映画「交渉」が北米を皮切りに、香港、台湾、フィリピン、タイなどでの公開を確定し、注目を集めている。

「交渉」(監督:イム・スンレ)は、最悪の拉致事件でタリバンの人質になった韓国人たちを助けるためにアフガニスタンに向かった外交官と、現地の国家情報院要員の交渉作戦を描く。

1月18日の韓国国内で公開される同作は、27日の北米を皮切りに、2月2日に香港とマカオ、2月3日には台湾、2月8日にはフィリピン、2月23日にはタイ、そして3月3日のカンボジアに至るまで多様な国の観客に会う予定だ。

台湾の配給会社であるMoviecloudは「ファン・ジョンミンとヒョンビンの緊張感あふれるアクション犯罪スリラー映画が台湾の観客を魅了すると信じている」とし、「交渉」への惜しみない賛辞を送った。

さらに、タイの配給会社であるSahamongkol Filmsも「私たちは2月に『交渉』のタイでの公開を担当することになり、とても嬉しく思う。アクションと犯罪スリラーが結合したファン・ジョンミンとヒョンビンの映画を楽しんでほしい」と語った。

他にも、世界各国でラブコールが続いており、韓国を超えて世界で公開される「交渉」が興行ブームを巻き起こすことができるのか、関心が高まっている。

「交渉」は、最近Netflixシリーズ「ナルコの神」で世界的なブームを巻き起こしたファン・ジョンミンと、ドラマ「愛の不時着」で世界の視聴者を魅了したヒョンビン、ここにドラマ「ウ・ヨンウ弁護士は天才肌」で成功的な演技の変身を見せたカン・ギヨンまで。お互いに異なる職業と性格、個性を持つキャラクターで出会った3人の俳優の熱い連帯とシナジー(相乗効果)に期待が高まっている。

記者 : キム・ナラ