なにわ男子 道枝駿佑&福本莉子主演の映画「今夜、世界からこの恋が消えても」韓国公開から41日で観客動員数80万人を突破!

MYDAILY |

写真=Media Castle
日本映画の興行記録を塗り替えている映画「今夜、世界からこの恋が消えても」が韓国公開から41日目である本日(9日)、観客動員数80万人を突破し、長期興行を続けている。

同作は、眠りにつくと記憶を失ってしまう前向性健忘を患ったヒロイン・日野真織(福本莉子)と、そんな彼女を献身的に支えるも、自らも大きな秘密を隠し持っている主人公・神谷透(道枝駿佑)の儚くも切ない愛の物語だ。

9日、映画館入場券統合ネットワークによると、同作は韓国公開から41日で観客動員数80万人を突破した。昨年11月30日に公開され、2022年最驚くべき興行再ブームを巻き起こした同作は、2022年に輸入された実写洋画のうち興行ランキング1位、2000年代以後に韓国で公開された歴代日本ロマンス映画のうち興行ランキング1位、2007年以後韓国で公開された実写日本映画のうち興行ランキング1位と3冠王タイトルを獲得し、驚異的な興行シンドロームを巻き起こしている。

そして、公開6週目の新年にも、冷めない口コミと相次ぐ推薦で自己記録を更新し続けている。こうした記録は「Love Letter」(1999)の115万人、「呪怨」(2003) の101万人、「日本沈没」(2006)94万人に続き、韓国で公開された実写日本映画のうち興行TOP4にランクされる成績で、「デスノート」(2006)の77万人動員も軽く超えた。

特に、涙腺を刺激する2人の若者のラブストーリーと美しい映像で、MZ世代(ミレニアム世代+Z世代)の間で絶対に見ないといけない映画として浮上し、長期興行を続けているだけに、日本ロマンス映画の最高興行作である「Love Letter」の記録を越えることができるか、注目を集めている。

圧倒的な興行成績を塗り替えている「今夜、世界からこの恋が消えても」は現在、韓国の映画館で上映中だ。

記者 : クァク・ミョンドン