SEVENTEENからLE SSERAFIMまで!「第37回ゴールデンディスクアワード」ラインナップ第1弾を発表

Newsen |

写真=ゴールデンディスクアワード事務局
来年1月にバンコクで開催される「第37回ゴールデンディスクアワード」のラインナップ第1弾が公開された。

「第37回ゴールデンディスクアワード」事務局は本日(7日)午後、「(ラインナップ第1弾として)NewJeans、LE SSERAFIM、SEVENTEEN、Stray Kids、ENHYPEN、TREASUREが出演する」と明かした。

1枚のアルバムで新人賞と、デジタル音源部門の本賞候補となったNewJeansは、「ゴールデンディスクアワード」に初参加し、チャレンジブームを巻き起こした「Hype Boy」と、個性溢れる「Attention」のステージを披露する。

2枚のアルバムの合計販売枚数が100万枚を超え、素晴らしい成長を見せたLE SSERAFIMも参加する。彼女たちはデビュー曲「FEARLESS」の冷めない人気と、国内最大の音源チャートで長期間トップを維持している「ANTIFRAGILE」で、次の活動に注目が集まる期待の新人となった。

7作連続ミリオンセラーを達成したSEVENTEENもバンコクを訪れる。同授賞式の常連である彼らは、ダンサーたちと共に素晴らしいステージを準備しているという。

Stray Kidsは今年、トリプルミリオンセラーを記録し、K-POP界の新しい強者に浮上した。「第35回ゴールデンディスクアワード」の新人賞受賞者である彼らは、今年発売したアルバムで150万枚以上も売り上げ、約2年で目覚ましい成長を遂げた。

2月に発売したミニアルバム「THE SECOND STEP:CHAPTER ONE」のタイトル曲「JIKJIN」と、TikTokでチャレンジブームを巻き起こした「DARARI」の人気が、タイにまで広がったTREASUREも、今回の授賞式に出演する。

「第37回ゴールデンディスクアワード」は2023年1月7日午後8時(韓国時間)に、タイ・バンコクのラジャマンガラ国立競技場で開催される。JTBC2、JTBC4で生中継され、JTBCでは遅延中継される。チケットの販売は12月12日正午(韓国時間)よりスタートする。

・「第37回ゴールデンディスクアワード」2023年1月7日にタイで開催決定!

・「第36回ゴールデンディスクアワード」BTS(防弾少年団)&IUが大賞を受賞!aespaは4冠を獲得(総合)

記者 : パク・アルム