コ・ス&ソヒ&ホ・ジュノ出演の新ドラマ「ミッシング~彼らがいた~2」予告映像第3弾を公開

Newsen |

写真=tvN「ミッシング」
「ミッシング2」のコ・ス、ホ・ジュノが大活躍を予告した。

tvN新月火ドラマ「ミッシング:彼らがいた2」(演出:ミン・ヨンホン、イ・イェリム、脚本:バン・ギリ、チョン・ソヨン)は本日(5日)、予告映像第3弾を公開した。

同作は消えた人々、新しい幽霊の町、彼らの切実さが見逃せない“幽霊を見るコンビ”によるファンタジー追跡ドラマ。

劇中、コ・スは魂を見る詐欺師のキム・ウク役、ホ・ジュノは依然として娘を懐かしむチャン・パンソク役に扮する。2人はシーズン1に続き、再び“幽霊を見るコンビ”として息を合わせる。

今回公開された予告映像は、退屈な日常を送るキム・ウク、チャン・パンソクの姿から始まる。銀行に融資相談を受けに行くほど、財政難に苦しんでいた2人は「いつまでお金にならないことばかりしながら生きることはできない」「よく見て。これからは僕の実利だけを考えるから」と新しい人生を予告した。

しかし、すぐに彼らは母親がいなくなったという学生の一言に「新しく出発すると言ったのに、またこうしている」と決然とした表情で“幽霊を見るコンビ”のカムバックを知らせた。続けて謎の人々と追ったり追われたりする一方、床に転がって熱演まで繰り広げる2人の顔が盛り込まれ、大活躍を期待させた。

特にキム・ウクは「ヒョンジの友達を全部探してくれればいいじゃないか」とし、チャン・パンソクの娘であるヒョンジの友達探しを予告し、関心を高める。シーズン2ではチャン・パンソクの娘の痕跡が発見され、その存在が本格的に浮上する予定だ。何より「消えた人々を探すための切実さ」というキャッチコピーと共に、食事するキム・ウクに「起きて。行って探してみよう、早く」と促すチャン・パンソクの姿が盛り込まれた。消えた人々を探すため、何でもする“幽霊を見るコンビ”の活躍が描かれる「ミッシング2」の初放送に期待が高まっている。

「ミッシング2」は、韓国で12月19日午後8時50分に放送スタートする。また、シーズン2の放送に先立ち、OCNでは12月5日から2週間にかけて月、火、水曜日の午後6時に2本ずつシーズン1の全編が放送される。

記者 : パク・アルム