BTS(防弾少年団) ジョングクの「Dreamers」が大ヒット!楽曲をプロデューシングしたRed Oneが絶賛“歴史を作った”

TVREPORT |

写真=TVレポート DB
BTS(防弾少年団)のジョングクが「2022 FIFAワールドカップ」の開幕式に出席し、ワールドスターの威厳をアピールした中、公式サウンドトラック「Dreamers」をプロデューシングしたRed Oneが褒め称えた。

Red Oneは最近、米AP通信とのインタビューを通じてジョングクが披露した「Dreamers」について「最初からありえないくらいによかった。同曲はワールドカップの公式サウンドトラックとしては初めて当日に100ヶ国以上で1位を記録した曲になった。彼は歴史を作った。ワールドカップでこれほどヒットした曲はなかった」と絶賛した。

ジョングクは11月20日、カタールのアル・バイト・スタジアムで開かれたFIFA(国際サッカー連盟)主催の「2022 FIFAワールドカップ」の開会式に出席し、公式サウンドトラック「Dreamers」のライブパフォーマンスを披露した。

同曲は公開直後、音源検索プラットフォームShazamのグローバルワイドチャートで1位を記録。また、iTunesのWorld iTunes Songチャートで8日連続1位を記録、世界的な人気を証明した。

・BTS(防弾少年団) ジョングク、直前まで練習も!?「2022 FIFAワールドカップ」開幕式の感想明かす“誇りに思ってほしい”

・BTS(防弾少年団) ジョングク「2022 FIFAワールドカップ」開幕式で圧巻のステージを披露!“BTSの人”がトレンド入り

記者 : イ・ヘミ