チョン・ギョンホ、映画「狎鴎亭」でマ・ドンソクと初共演…愛情をアピール“長く一緒に働く姿をお見せしたい”(総合)

Newsen |

「20年来の知り合いだが、共演は初めて」というマ・ドンソクとチョン・ギョンホが、愛情溢れる愉快なブロマンス(男同士の友情)、「狎鴎亭」で出会った。

映画「狎鴎亭」(監督:イム・ジンスン)のマスコミ向け試写会が28日、ソウルロッテシネマ建大入口(コンデイック)店で行われた。映画の上映後に行われた懇談会には、マ・ドンソク、チョン・ギョンホ、オ・ナラ、チェ・ビョンモ、イム・ジンスン監督が出席した。

韓国で30日に公開される「狎鴎亭」は、湧き出る事業アイデアで、口だけが達者な狎鴎亭の“デグク”(マ・ドンソク)が、実力トップの美容整形外科医“ジウ”(チョン・ギョンホ)と手を組んでK-ビューティの元祖になる物語だ。

持ち前のユーモアと華やかなトークで狎鴎亭で大活躍するカン・デグク役のマ・ドンソクと、気難しく冷静だが、実力だけは韓国トップを誇る整形外科医パク・ジウ役のチョン・ギョンホが熱演を披露する。

また、口達者な整形外科の相談室長オ・ミジョン役のオ・ナラ、大手事業家チョ・テチョン役のチェ・ビョンモ、VIP専用エステショップの院長ホン・ギュオク役のオ・ヨンソの多彩な活躍が期待を高めている。

この日「かなり前から準備してきたが、映画が出て感謝している」と語り始めたマ・ドンソクは「『犯罪都市』シリーズとは異なるコメディ映画だ。キャラクターだけでなく、ある状況で発生するコメディーもある。そのような部分を楽しく見ていただきたいと思う」と伝えた。

「チョン・ギョンホとの共演はどうだったか」という質問には、「チョン・ギョンホが映画を全て生かした」とし「言葉では言い表せないほどとても良かった」と感謝した。これに対し、チョン・ギョンホは「マ・ドンソク兄さんとの共演は感慨深かった」と答えた。

チョン・ギョンホは「台本そのものが愉快で面白かったし、構成が良かった」としながらも「実は(マ・ドンソク、オ・ナラなどとの)共演が難しかった。笑いが止まらない現場だったためだ。いつも楽しく笑って騒いでいたけれど、その姿がうまく出てほしい。観客の皆さんにも楽しんでもらいたい」と願いを語った。

マ・ドンソクとチョン・ギョンホは、20年来の知り合いだという。チョン・ギョンホは「僕にとって『狎鴎亭』という映画が特別に感じる理由は、マ・ドンソク兄さんと初めて共演した作品だからだ」とし「これからマ・ドンソク兄さんと多くの作品で共演する同僚として、『狎鴎亭』で始めることができて良かった。長く一緒に働く姿をお見せしたい」と愛情を示した。

今回の映画を通じて、愉快なエネルギーを披露したオ・ナラは「台本ですでに説明されていて、私が何かを加えることはなかった。すでにある台詞で表現したら、エネルギー溢れるシーンができた」と話した。

それから「マ・ドンソクさんと共演しながらたくさん学んだ。マ・ドンソクさんのギャグは、予想した瞬間に入ってこない。いつ入ってくるか分からないので、それを待っている瞬間がわくわくする。マ・ドンソクさんの演技にリアクションをするだけでエネルギッシュに表現できた」と伝えた。

記者 : ペ・ヒョジュ