KARA、韓流クイーンが華やかに帰還!約7年ぶりとなるカムバックの注目ポイントは?

OSEN |

KARAが本日(29日)カムバックする。

KARAは29日、スペシャルアルバム「MOVE AGAIN」を発売する。7thミニアルバム「In Love」以後、約7年6ヶ月ぶりに披露するニューアルバムで、韓国国内外のK-POPファンから関心が高まっている。

「MOVE AGAIN」はステージ上のメンバーの素敵な姿をもう一度見せるという抱負が込められたアルバムだ。デビュー15周年を迎えた5人のメンバーが、ファンに伝えたい気持ちをアルバムに盛り込んだ中、ニューアルバムの注目ポイントをまとめてみた。

◆約7年6ヶ月ぶりにカムバック…“韓流クイーン”の華やかな帰還

スペシャルアルバム「MOVE AGAIN」はギュリ、スンヨン、ヨンジに続き、2014年に脱退したニコル、知英も参加するアルバムであるためさらに意義深い。先立って公開されたMV予告映像ではメンバー全員でテーブルを囲むシーンで、ハラさんの席と思われるシーンも登場し、話題を集めた。

彼女らはアルバムの発売にとどまらず、韓国の音楽番組や日本で開催される「2022 MAMA AWARDS」、バラエティ番組「知ってるお兄さん」などに相次いで出演し、ファンとコミュニケーションする予定だ。

KARAはデビュー後、「Pretty Girl」「Honey」「ミスター」「Lupin」「Jumping」「STEP」など多くのメガヒット曲をリリースし、韓流ブームを牽引するグループに浮上した。K-POPガールズグループ史上初めて東京ドームで単独コンサートを開催するなど、空前絶後の記録を保有している。

今回のカムバックの発表は、韓国国内外のオンラインコミュニティとSNSを盛り上げた。「MOVE AGAIN」のムービングポスター、ミュージックビデオの予告映像など、KARAの公式ホームページとYouTubeにアップされた予告コンテンツの再生回数は300万回を超え、リリースへの期待を高めている。

◆タイトル曲「WHEN I MOVE」は中毒性抜群!トレンディなパフォーマンスを予告

タイトル曲「WHEN I MOVE」はミレニアルスタイルの編曲が印象的な楽曲で、後半に進むほど強烈になるリズムとKARAのパワフルなボーカルが調和した楽曲だ。知英が作曲・作詞に参加し、ニコルも韓国語の作詞に参加して完成度を高めた。

メンバーたちは「WHEN I MOVE」を通じて、パワフルかつ大胆で、KARAならではのエネルギーが溢れるパフォーマンスを披露する予定だ。多様なポイントダンスが強みである歌を相次いで発表し、愛されたKARAであるだけに、今回の新曲でもトレンディな雰囲気を生かした、完成度の高いパフォーマンスを見せることと期待されている。

◆全員が作詞・作曲・プロデュースに参加…より一層成長した姿を証明

久しぶりにファンの前に立つだけに、KARAはアルバム制作の全般に主導的に参加している。メンバー自らアルバムのプロデュースはもちろん、曲の制作に参加し、ファンから反響を呼んでいる。

特に、最初のトラック「Happy Hour」にはメンバー全員が歌詞の作業に参加し、ファンへのメッセージを通じて深い感動と余韻を与える予定だ。この他にもニコルが収録曲「Shout It Out」、知英が「Oxygen」の制作に参加し、音楽的成長を証明する。

彼女たちだけの特色と魅力で、華やかなカムバックを予告したKARAのスペシャルアルバム「MOVE AGAIN」は29日午後6時、各音楽配信サイトで発売される。同日、大阪京セラドームで開かれる「2022 MAMA AWARDS」でカムバックステージが初公開される予定だ。

・KARA、11月のカムバックを公式発表!日本でもトレンド入り

・KARA、タイトル曲「WHEN I MOVE」MV予告映像第2弾を公開…堂々とした眼差しで再びステージに

・KARA、日本で開催される「2022 MAMA AWARDS」への出演を電撃発表!新曲のステージを初披露

記者 : チェ・ナヨン