イ・ジェウク&コ・ユンジョン出演の新ドラマ「還魂:光と影」予告映像第3弾を公開

Newsen |

写真=tvN「還魂:光と影」予告映像第3弾画面キャプチャー
「還魂:光と影」のイ・ジェウクとコ・ユンジョンの出会いがキャッチされた。

tvN新土日ドラマ「還魂:光と影」(演出:パク・ジュンファ、脚本:ホン・ジョンウン、ホン・ミラン)は本日(27日)、新たな予告映像を公開した。

同作は歴史にも地図にも存在しないテホ国を背景に、魂を変える幻魂術によって運命がねじれた主人公たちがこれを乗り越え、成長していくファンタジーロマンスドラマだ。

今回公開された映像は、チャン・ウク(イ・ジェウク)とナクスの顔をした記憶を失った女性(コ・ユンジョン)の運命的な縁を描きながら始まる。パク・ジン(ユ・ジュンサン)はチャン・ウクに「君の中から氷石を取り出すと君は死ぬ」と忠告しながら、哀れな気持ちを表現する。なぜかと言うと、チャン・ウクは一度死んだが氷石の力で復活した状況で、相変わらず胸に情人の刀が刺さったまま生きるように傷を抱いて生きる彼の切ない姿が見る人々の心を悲しませる。

そんなチャン・ウクの前にナクスの顔をしたある女性が登場し、2人の運命に大きな渦巻きが予告される。女性が登場すると、チャン・ウクが情人と分けあった愛の証憑、青い玉が反応する。女性は彼の中の氷石を見たかのように「それを取り出せば楽になるのか」と言いながら胸に触る。何よりタンヒャンゴクの木の下で記憶を失った女性が涙ぐみ、見る人々の心を熱くする。タンヒャンゴクの木はチャン・ウクと情人の大切な思い出がある場所であるだけに、彼女にはどんな記憶として残っているのか好奇心を刺激する。

さらに「絶対お互いのことを見知ることはありません」というチン・ホギョン(パク・ウネ)のナレーションは、2人にどんな事情があるのか関心を高める。

また、危機の貴公子ソユル(NU'EST ミンヒョン)の事情に注目が集まっている。彼は相変わらず血虫に苦しまれており、劇的な緊張感を高める。そんな彼が切ない眼差しで見つめる相手に関心が高まっている。

tvN新土日ドラマ「還魂:光と影」は、韓国で12月10日に初放送される。

記者 : パク・アルム