パク・ヘイル&タン・ウェイ「第43回青龍映画賞」で男女主演賞を受賞…「別れる決心」が7冠(総合)

TVREPORT |

写真=TVレポート DB
俳優のパク・ヘイルとタン・ウェイが「青龍(チョンリョン)映画賞」で男女主演賞を受賞した。また、最優秀作品賞から監督賞、音楽賞、脚本賞、人気スター賞まで、映画「別れる決心」がなんと7冠に輝いた。

25日午後、「第43回青龍映画賞」が汝矣島(ヨイド)KBSホールで行われ、キム・ヘスとユ・ヨンソクの司会で華麗に幕を開けた。

この日の最優秀作品賞は、パク・チャヌク監督の「別れる決心」が受賞した。主演女優賞も「別れる決心」のタン・ウェイが手に入れた。タン・ウェイは「とても嬉しいです。『青龍映画賞』ありがとうございます」とスタッフと観客に感謝の気持ちを伝えた。

続いて彼女は「俳優という職業を持つ人は、生涯素敵なシナリオとキャラクターを待ちながら生きていきます。ある時は数ヶ月を、ある時は何十年も待つこともあるでしょう。私は、“ソレ”というキャラクターに出会えたことが本当に幸運だと思っています」と明かした。続いて、パク・チャヌク監督に対する感謝も述べた。

この日の主演男優賞も「別れる決心」のパク・ヘイルが受賞した。彼は「まず、僕に刑事役を任せてくれて、思いっきりに遊べるようにしてくれたパク・チャヌク監督に感謝しています。そして、刑事であるヘジュンの台詞を魅力的に書いてくれた脚本家のチョン・ソギョンさんにも感謝し、劇中でヘジュンを海辺から永遠に抜け出せなくしたソレ役を完璧に演じてくださったタン・ウェイさんとこの賞の喜びを分かち合いたいです」と話した。他にも共演者とスタッフに対する感謝を述べただけでなく、合わせて映画「ハンサン ―龍の出現―」の監督とスタッフへの感謝も付け加えた。

「別れる決心」は監督賞も受賞した。この日、海外にいるパク・チャヌク監督の代わりに同作品に出演したキム・シニョンが代理で受賞した。

キム・シニョンが伝えた受賞の感想でパク・チャヌク監督は「映画監督になって良いことが一つあるとしたら、様々な分野の才能ある人たちに会えるチャンスが多いということです。『別れる決心』でも素敵な俳優とスタッフの方たちにたくさん出会えました。長い間関わっている人もいれば、新しく出会った人もいます。その方たちとこのような栄光を分かち合いたいです」と明かした。

この日、「ハンサン ―龍の出現―」で助演男優賞を受賞したピョン・ヨハンは「演じることはとても面白いです。また生まれ変わっても俳優になりたいです」と感想を明かした。映画「ジャンルだけロマンス」で助演女優賞を受賞したオ・ナラは「『青龍映画賞』という歴史に、私の名前を残すことができて光栄です」とし「財産は物ではなく、人だということを教えてくれたキム・ドフンさん、本当に愛しています、ありがとうございます」と付け加えた。

この日の新人男優賞は映画「不思議の国の数学者」のキム・ドンフィが、新人女優賞は映画「ブルドーザーに乗った少女」のキム・ヘユンが受賞した。

また、チョンジョンウォン人気スター賞は「別れる決心」のコ・ギョンピョ、「ブローカー」のIU、「共助2」のダニエル・ヘニー、「共助2」の少女時代 ユナが受賞。新人監督賞は「Hunt」のイ・ジョンジェが受賞の栄誉を手に入れ、最多観客賞は「犯罪都市2」が獲得した。

脚本賞は「別れる決心」のチョン・ソギョンとパク・チャヌクが受賞し、撮影照明賞は「Hunt」のイ・モゲ、イ・ソンファンが受賞。編集賞は「Hunt」のキム・サンボム、音楽賞は「別れる決心」のチョ・ヨンウク、美術賞は「キングメーカー」のハン・アルムが受賞した。さらに「明け方2時に火をつけ」のユ・ジョンソク監督がチョンジョンウォン短編映画賞を受賞した。

【第43回青龍映画賞受賞者(作)】

◆最優秀作品賞:「別れる決心」

◆監督賞:パク・チャヌク(「別れる決心」)

◆主演女優賞:タン・ウェイ(「別れる決心」)

◆主演男優賞:パク・ヘイル(「別れる決心」)

◆助演女優賞:オ・ナラ(「ジャンルだけロマンス」)

◆助演男優賞:ピョン・ヨハン(「ハンサン ―龍の出現―」)

◆新人女優賞:キム・ヘユン(「ブルドーザーに乗った少女」)

◆新人男優賞:キム・ドンフィ(「不思議の国の数学者」)

◆新人監督賞:イ・ジョンジェ(「Hunt」)

◆脚本賞:チョン・ソギョン、パク・チャヌク(「別れる決心」)

◆撮影照明賞:イ・モゲ、イ・ソンファン(「Hunt」)

◆編集賞:キム・サンボム(「Hunt」)

◆音楽賞:チョ・ヨンウク(「別れる決心」)

◆美術賞:ハン・アルム(「キングメーカー」)

◆技術賞:ホ・ミョンヘン、ユン・ソンミン(「犯罪都市2」)

◆最多観客賞:「犯罪都市2」

◆チョンジョンウォン人気スター賞:コ・ギョンピョ(「別れる決心」)、IU(「ブローカー」)、ダニエル・ヘニー(「共助2」)、ユナ(「共助2」)

◆チョンジョンウォン短編映画賞:ユ・ジョンソク監督(「明け方2時に火をつけ」)

記者 : ハ・スナ