イ・スンギ、事務所との給料をめぐるトラブルにコメント「君はマイナスな歌手だと言われた」

Newsen |

イ・スンギが、所属事務所の音源収益の未精算被害についてコメントした。

彼の法律代理人を務める法務法人(有)太平洋/法務法人チェソンは本日(24日)、報道資料を通じて「イ・スンギさんは法律代理人を通じて15日、HOOKエンターテインメントに音源の収益の精算に関する内容証明を発送して、イ・スンギさんが参加したすべてのアルバム流通による収益の内訳を公開し、それに基づいて未払いの収益を精算するように要求しました」と明らかにした。

さらに「デビュー後18年間、HOOKエンターテインメントに所属して活動しており、芸能活動や精算に関しては、HOOKエンターテイメントを全的に信じて従ってきました。これまでHOOKエンターテイメントからは、音源の収益に対するいかなる言及もしたことがないため、音源の収益が発生していることも認知しておらず、最近になってHOOKエンターテインメントの従業員が間違って送ったメッセージを見て、音源に収益が発生していたことを認識するようになりました」とし、「これを受けて、イ・スンギさんが数回の精算内訳を要求しましたが、HOOKエンターテイメント『君はマイナスな歌手だ』など、様々な嘘の言い訳をして、内訳の提供を回避しました」と説明した。

続けて「この過程で、イ・スンギさんは所属事務所の代表などから、口にすることも憚れるほどの侮辱的かつ威嚇的な発言を伝言で聞きました。これより、単なる音源の収益精算の問題ではなく、長い期間縁を結んで、家族のように信頼してきたHOOKエンターテイメント、及びクォン・ジニョン代表との信頼関係を持続することはできないと判断し、悩んだ末に法律代理人を通じて内容証明を送りました」と付け加えた。

最後に、法律代理人は「イ・スンギさんは音源の収益の精算のほかにも、HOOKエンターテイメント及びクォン・ジニョン代表とイ・スンギさんの間の諸法律関係においても、綿密な検討を進める予定です。これにHOOKエンターテイメントに数件の内容証明を通じて、バラエティ活動全般での売上と精算内訳などを公開するように要請し、HOOKエンターテインメントから誠実な回答を得られることを期待しています」と明らかにした。

先立ってHOOKエンターテインメントのクォン・ジニョン代表は21日、「報道されていて、世間に出回っている噂に対して、具体的に事実関係を確認するのが筋ですが、先だった報道資料で申し上げた通り、現在、事実関係の確認のための整理の段階である点と、今後法的に取り扱われる余地もあるので、立場の表明を自制しています」とコメントした。

続けて「今後、HOOKエンターテインメントや私個人が法的に責任を負うべき部分が明確に確認できましたら、退いたり、回避したりせず、すべての責任を負います」と付け加えた。

HOOKエンターテインメントは11月10日、警察庁の重大犯罪捜査課から社屋の家宅捜索を受けた。家宅捜索は、約5時間にわたって行われ、具体的な理由については明かされていない。

【法務法人(有)太平洋/法務法人チェソン 公式コメント全文】

こんにちは。イ・スンギさんの法律代理人です。

まずイ・スンギと所属事務所間の問題で、多くの方々にご心配おかけしてしまい、申し訳ありません。最近報道された音源の収益の精算の件に関しまして、イ・スンギさんに代わって次のようにコメントを申し上げます。

すでに報道されたように、イ・スンギさんは法律代理人を通じて15日、HOOKエンターテインメントに音源の収益の精算に関する内容証明を発送して、イ・スンギさんが参加したすべてのアルバム流通による収益の内訳を公開し、それに基づいて未払いの収益を精算するように要求しました。

イ・スンギさんは、デビュー後18年間、HOOKエンターテインメントに所属して活動しており、芸能活動や精算に関しては、HOOKエンターテイメントを全的に信じて従ってきました。これまでHOOKエンターテイメントからは、音源の収益に対するいかなる言及もしたことがないため、音源の収益が発生していることも認知しておらず、最近になってHOOKエンターテインメントの従業員が間違って送ったメッセージを見て、音源に収益が発生していたことを認識するようになりました。これを受けて、イ・スンギさんが数回の精算内訳を要求しましたが、HOOKエンターテイメント「君はマイナスな歌手だ」など、様々な嘘の言い訳をして、内訳の提供を回避しました。

この過程で、イ・スンギさんは所属事務所の代表などから、口にすることも憚れるほどの侮辱的かつ威嚇的な発言を伝言で聞きました。これより、単なる音源の収益精算の問題ではなく、長い期間縁を結んで、家族のように信頼してきたHOOKエンターテイメント、及びクォン・ジニョン代表との信頼関係を持続することはできないと判断し、悩んだ末に法律代理人を通じて内容証明を送りました。

また、イ・スンギさんは音源の収益の精算のほかにも、HOOKエンターテイメント及びクォン・ジニョン代表とイ・スンギさんの間の諸法律関係においても、綿密な検討を進める予定です。これにHOOKエンターテイメントに数件の内容証明を通じて、バラエティ活動全般での売上と精算内訳などを公開するように要請し、HOOKエンターテインメントから誠実な回答を得られることを期待しています。

本事案に関連して、イ・スンギさんを応援してくださって、多くの関心を持ってくださる方々に申し訳ない限りです。イ・スンギさんは今後、活動中の作品活動に支障がないよう最善をつくす予定であり、本事案に関連する詳細は、明確な事実関係を検討した上で別途コメントを発表いたします。ありがとうございます。

記者 : ファン・ヘジン