キム・ガンウ、映画「暴君」への出演が決定…キム・ソンホ&パク・フンジョン監督と再会

OSEN |

写真=OSEN DB
俳優キム・ガンウがパク・フンジョン監督の新作「暴君」に出演する。

本日(23日)、所属事務所のIOKカンパニーの関係者は、OSENに「キム・ガンウがパク・フンジョン監督の新作『暴君』に出演することは事実だ」と伝えた。

キム・ガンウは劇中で、韓国系アメリカ人の要員に扮し、新しい魅力を披露する予定だ。すでにキム・ソンホの出演が決まっており、チャ・スンウォンが出演を前向きに検討している。

キム・ガンウはパク・フンジョン監督、キム・ソンホと「悲しい熱帯」で息を合わせたことがあり、さらに期待が高まっている。

これに先立ち彼は、30日に公開される映画「誕生」でチョン・ハサン役に扮し、観客に会う予定だ。

記者 : キム・チェヨン