ユ・ヨンソク&ムン・ガヨンら出演の新ドラマ「愛の理解」予告映像第1弾を公開

MYDAILY |

写真=JTBC
ユ・ヨンソクとムン・ガヨンがお互いへの視線を微妙に交え、ユニークな感性メロドラマの誕生を予告している。

韓国で12月21日夜10時30分より放送スタートするJTBC新水木ドラマ「愛の理解」が、波の上の砂の城のように危うい感情に巻き込まれたハ・サンス(ユ・ヨンソク)とアン・スヨン(ムン・ガヨン)のすれ違う感情ラインが盛り込まれた予告映像第1弾を公開し、愛に対する五感を刺激している。

公開された映像には、それぞれの異なる理解にもかかわらず、結局お互いに向かうことになるハ・サンスとアン・スヨンの姿が収められている。「私にそう言いましたよね、その日、私たちが出会ったら変わったのかと」という質問を投げかけたアン・スヨンは、これに対して「いいえ、私たちは結局うまくいかなかったと思います」と答えながらも、ハ・サンスと幸せだった記憶を思い出している。

「スヨンさんが言おうとした答えがこれでしたか?」と言い返すハ・サンスの視線もずっとアン・スヨンに向かっており、もどかしい雰囲気を醸し出す。様々な理由により、近づくことはできないが、2人の心はいつも海辺で一緒に微笑んでいだ“あの日”に留まっている。果たして、彼らがそれぞれの理解の差を乗り越え、最終的にお互いに届くことができるのか、好奇心を刺激する。

そんな中、パク・ミギョン(クム・セロク)とチョン・ジョンヒョン(チョン・ガラム)がそれぞれハ・サンスとアン・スヨンに自分たちの気持ちを告白し、彼らの関係に再び変化が訪れる。2人の視線が依然としてお互いに向けられているだけに、パク・ミギョンとチョン・ジョンヒョンの愛にも苦難が予想される状況。これに最も不安な感情で繋がっている彼らが、たび重なる混乱の中でどのような選択をすることになるのか、関心が集まっている。

このように予告映像第1弾で危うい愛の幕を開けた「愛の理解」は、冷たい現実の中でも芽生える感情で喜怒哀楽を体験する青春男女の姿を通じて、ときめきはもちろん、共感まで与える予定だ。特に、ドラマ「ブラームスは好きですか?」で感覚的な映像美を披露したチョ・ヨンミン監督が演出を務め、期待を高めている。

記者 : イ・スンギル