BTS(防弾少年団) ジョングク「2022 FIFAワールドカップ」サウンドトラックを発売…本日開催の開幕式のステージに期待

Newsen |

写真=BIGHIT MUSIC
BTS(防弾少年団)のジョングクが「FIFAワールドカップ カタール 2022」の公式サウンドトラックを通じて、グループBTSのメインボーカルの地位を証明した。

ジョングクは、本日(20日)の午後2時(以下、韓国時間基準)に韓国国内外の音源プラットフォームを通じてデジタルシングル「Dreamers」を発売した。

「Dreamers」は、FIFAが主催する「FIFAワールドカップ カタール 2022」の公式サウンドトラックだ。単独歌唱者として参加したジョングクは、雄大で軽快なメロディーにふさわしい清らかかつ力強い声で、ワールドカップ開幕に対する全世界のファンの期待をさらに高めた。

ジョングクはサウンドトラックへの参加にとどまらず、同日の午後11時40分から翌日の午前10時までMBC、SBS、KBSなどを通じて生中継される予定のカタールワールドカップの開幕式公演に出演する。

所属事務所BIGHIT MUSICは「ジョングクが開幕式で公式サウンドトラック『Dreamers』のステージを披露する。ワールドカップの開幕式のステージに立つ彼の姿に多くの関心をお願いします」と伝えた。

これに先立ち、ジョングクは、10月24日にカタールに向かい、ワールドカップの広報スケジュールを行った。その後、帰国した彼は開幕式公演のため、11月15日に再びカタールに出国した。

ジョングクは、2013年の6月13日にBTSのメインボーカルとしてデビューした。BTSのメンバーたちと共にデビュー作「2 COOL 4 SKOOL」を筆頭に、今年の6月アンソロジーアルバム「Poof」まで多くのアルバムとシングルを発売し、韓国国内外の音楽ファンから熱烈な愛を受けている。

記者 : ファン・ヘジン