BTS(防弾少年団) ジン、入隊する部隊に関する噂も…BIGHITがコメント「確認が難しい」

Newsen |

写真=BIGHIT MUSIC
BTS(防弾少年団)のジンの入隊が迫ってきた。

ジンは13日、グローバルファンコミュニティプラットフォーム「Weverse」を通じて、ファンのARMYたちとコミュニケーションをとった。

12月4日生まれのジンは、来月31回目の誕生日を迎えるため、あるファンが「お兄さん、来月誕生日ですがワクワクしています?」と聞くと、ジンは「いいえ……、最前線部隊が出ました」とコメントした。

これにより、ジンが最前線にある部隊の新兵教育隊に入所するのではないかという推測が出た。

これに関連し、BTSが所属するBIGHIT MUSICは昨日(14日)、Newsenに「確認が難しい」と伝えた。今後、適切な時期に入隊の時期や場所など、詳細について正式に発表すると見られる。

今年満30歳のジンは、昨年末が入隊期限だったが、2022年末まで1年延期となった。彼が所属するBTSが花冠文化勲章を基に兵役法の一部改正の恩恵を受けたためだ。ジンだけでなく、BTSのメンバー全員は2020年12月22日に行われた兵役法の一部改正(国威宣揚のための体育・大衆文化芸術分野の優秀者は兵役年齢を30歳まで延期可能)により、2年の追加延期が可能な状況だ。

ジンは最近、兵務庁に入隊延期の取消を申請した。事務所は「これから兵務庁の入隊関連手続きに従うことになる。他のメンバーたちもそれぞれの計画に従って順次兵役を履行する予定」と説明した。

ジンは10月28日、「Weverse」を通じて行った生配信で、当初2020年10月に発売したBTSのアルバム「BE」の活動を最後に入隊する予定だったことを打ち明けた。

しかし、2020年8月に発売したシングル「Dynamite」が米ビルボードメインシングルチャート「HOT100」で1位になり、昨年「Butter」「Permission to Dance」を相次いで発売すると共に、グローバルツアーの開催、米音楽授賞式「グラミー賞」の出席(今年4月)などで、入隊の時期を先送りしたと伝えた。

彼は、今年6月に公式YouTubeチャンネル「BANGTAN TV」を通じて公開された映像「リアルな防弾食事会」で、実は入隊予定だという事実を間接的に話す場だったと告白した。その後、釜山(プサン)コンサート(10月15日に釜山アシアードメインスタジアムにて開催された「2030釜山国際博覧会」の誘致祈願コンサート)が追加され、6月の入隊計画をもう一度延期したと打ち明けた。

ジンは10月28日、1stソロシングル「The Astronaut」を発売し、韓国国内外の音楽ランキングで1位になった。彼は歌唱だけでなく、イギリスのバンドコールドプレイ(Coldplay)と共同で作詞に参加し、ARMYへの限りない愛を表現した。

・BTS(防弾少年団) ジン、入隊する部隊が決定?投稿に注目「最前線が出ました」

・BTS(防弾少年団) ジン、生配信で入隊に自ら言及…ファンへの愛が話題に「皆さんに対する礼儀」

記者 : ファン・ヘジン