放送終了「ゴールデンスプーン」BTOB ソンジェ&元DIA チェヨンの運命は?【ネタバレあり】

OSEN |

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
写真=MBC「ゴールデンスプーン」放送画面キャプチャー
BTOBのソンジェが、元DIAのチェヨンと再会した。 

12日に韓国で放送されたMBC金土ドラマ「ゴールデンスプーン」最終話には、イ・スンチョン(ソンジェ)が別の名前でナ・ジュヒ(チェヨン)と再会する姿が描かれた。 

この日、ファン・テヨン(イ・ジョンウォン)は、祖母(ソン・オクスン)を訪ねて払い戻しを要請した。祖母は「生きていて払い戻してほしいというやつは初めてだ。よく考えなさい。もうこのような機会はない」とし、3万ウォン(約3千円)を返した。 

彼は「祖母も悪趣味だ。なぜこんなものを売るのですか」と尋ね、祖母は「世の中が不公平だと言うから、こういうものでも売るんだ」と答えた。それと共に「イ・スンチョンはなぜ来ないのか。最後に言いたいことがあるんだが」と気にしていた。 

テヨンは「イ・スンチョンは来ないだろう」と答え、その時オ・ヨジン(元MOMOLAND ヨンウ)が電話でスンチョンの手配の知らせを伝えた。スンチョンはファン・ヒョンド(チェ・ウォニョン)の計略に巻き込まれ、自分が負けていない罪まで犯した。

テヨンは直ちにヒョンドのもとを訪れ、罪を認めろと問い詰めた。ヒョンドは「お前は骨の髄までイ・スンチョンだな。確かに君はずっとイ・スンチョンとして生きることにした」とし「そんな道徳本のような考えのせいで、君は人生をそのようにぐずぐず生きることになるだろう」と皮肉った。

ヒョンドは続けて「証拠がないだろう。方法が一つあるが、イ・スンチョンは絶対にゴールデンスプーンのおばあさんのところには行かない。僕のように」と話した。テヨンはこれを聞いて、ヒョンドがゴールデンスプーンの最後の規則を知らないことに気づいた。テヨンはスンチョンに、ヒョンドのゴールデンスプーンを探すよう指示した。 

ゴールデンスプーンの最後の規則は、ゴールデンスプーンを最後に使った人が以前の人の記憶を共有できるということだ。スンチョンはアレックス・ブー(イ・ドンヒ)を訪ね、ヒョンドのゴールデンスプーンを手に入れた。スンチョンは、それでチン・ソンヘ(ハン・チェア)が作ってくれた餃子スープを食べ、ヒョンドのすべての記憶を吸収した。 

これを知ったヒョンドは、スンチョンと激しいもみ合いをしながら殺害を試みた。しかしその時刻、ヨジンが、ヒョンドがナ会長を傷つける姿を撮った映像を流布し、ヒョンドはまもなく警察に逮捕された。 

ヒョンドは弁護士に「させた仕事を終えろ」と指示した後、移送された。以後、スンチョンは誰かが薬を入れたオレンジジュースを飲み、ソ・ヨンシン(ソン・ヨウン)は血まみれになったスンチョンの部屋を見て悲鳴を上げた。ジュヒもスンチョンが死んだことを直感し、号泣した。

時間が経ってテヨンはゴールデンスプーンの話をウェブ漫画で描いた。テヨンはインタビューで「ゴールデンスプーンは僕だと思う。自分を信じて生きてほしい。あるいは果てしなくゴールデンスプーンを恨んで、自分が誰かも知らずに生きていくかもしれない」と読者に頼んだ。 

ヒョンドは車椅子で刑務所を出た。ヨンシンはヒョンドの世話をしながら「継承が終わるまでは絶対殺さない」「ところで本当に知らなかったのか。ジュンテ(チャン・リュル)がヨハン兄さんの息子なのを?」と言ってヒョンドを衝撃に陥らせた。ヒョンドはスンチョンを毒殺しようとした薬に中毒になっていた。 

ジュヒはインタビューのためにある庭師を訪ねてスンチョンに会った。スンチョンが薬の入った飲み物を飲もうとした時、庭師(ナ・イヌ)がゴールデンスプーンを使ってスンチョンと運命を変えたのだ。スンチョンはこれを知らずに庭師として生きていた。 

記者 : チェ・ジヨン