ペク・ジニ&クァク・シヤン、新ドラマ「本物が現れた」で共演なるか…オファーを受けて検討中

Newsen |

写真=Newsen DB
ペク・ジニとクァク・シヤンが「本物が現れた」で共演するだろうか。

ペク・ジニが所属するANDMARQは本日(10日)、Newsenを通じて「『本物が現れた』の出演を前向きに検討している」と伝えた。

また、クァク・シヤンの所属事務所であるDrawingエンターテインメントの関係者も「出演を前向きに検討している」と伝えた。

KBS 2TVの新週末ドラマ「本物が現れた」は、シングルマザーと非婚主義者が会って繰り広げられる物語を描く。クァク・シヤンは男性主人公のテギョン役、ペク・ジニは女性主人公のヨンドゥ役のオファーを受けた。

2人が同作で共演するのか、これからが期待される。

記者 : パク・ジョンミン