GOT7 ジニョン、映画「クリスマスキャロル」で一人二役に挑戦“今じゃないとできないと思った”(総合)

OSEN |

GOT7のジニョンが映画「クリスマスキャロル」で大胆なイメージチェンジを果たした。

9日午前、ソウルロッテシネマ建大(コンデ)入口では映画「クリスマスキャロル」の制作報告会が行われた。この場にはキム・ソンス監督、主演俳優のジニョン、キム・ヨンミン、キム・ドンフィ、ソン・ゴニ、ホ・ドンウォンなどが出席した。

同作は双子の弟チュ・ウォルが死亡し、復讐するために自ら少年院に入ったチュ・イルが、少年院の面々と残酷な対決を繰り広げるアクションスリラーだ。ハンギョレ文学賞の受賞者である作家チュ・ウォンギュの同名小説「クリスマスキャロル」を原作とし、映画「美しき野獣」、OCNドラマ「助けて」などユニークなジャンルものを作ってきたキム・ソンス監督が演出を手掛けた。

ジニョンは劇中、死んだ弟の復讐のため自ら少年院に入った双子の兄イルと、痛みを秘めたままクリスマスの朝に遺体で発見された弟ウォルの一人二役をこなした。ドラマ「ユミの細胞たち」シリーズ、Netflix映画「夜叉」などを通じて俳優として能力を証明したジニョンは、特別な表現力で正反対な人物を巧みに表現したことに続き、凄絶な復讐のためのリアルアクションなどをこなし、これまで見せたことのない姿で大胆なイメージチェンジを果たした。

ジニョンは「監督の映画を面白く見たけれど、ちょうど監督が演出するシナリオが入ってきたと聞いて読んでみた」とし「初めてシナリオを読んだ時は『僕にできるだろうか?』と思った。話が持っている野生的な姿があった。『どういうふうに出るだろうか』という恐怖と好奇心があった。それでも惹かれるところがあって監督に会いたかったし、話をしてみたらやらないといけないと思った。苦労してもやってみようと思った。それから先輩と同僚の俳優たちと一度ずつ打ち合わせをしながら確信を持った」と出演の理由を公開した。

双子の一人二役を演じたジニョンは、衝撃的なキャラクターについて「イメージチェンジだとは思わなかった。2人の人物をどうするか考えてプレッシャーもあったけれど、プレッシャーを感じるほどの余裕もなかったような感じだ」とし「ディテールをずっと掴んでいく過程だった」と伝えた。

続けて「何より監督と制作陣が僕に配慮してくれて、弟役を全て撮った後に兄役を撮った」と話した。

彼はTVINGオリジナルシリーズ「ユミの細胞たち」で優しい男性主人公のユ・ボビーとして愛されたが、今回の作品はジャンルからキャラクター、雰囲気まで正反対だ。

彼は「前作とジャンルとビジュアルが違うけど、台本通りにした。イメージのために変えたというよりは、環境そのものがそうなっていて、キャラクターに合わせてみたら扮装も、ヘアスタイルもそうなっていた。イメージチェンジをするためにこの作品を選んだわけではない」とし「このキャラクターを今じゃないとできないと思った。時間が経てば今できることがあって、未来にはできないことがあるけれど、今この瞬間にできると、やってみたいと思った。それでこの作品を選んだ」と信頼を見せた。

前作のユ・ボビーとの違いについて「不本意ながら前作ととても変わったけれど、正直に言ってこんなに早く公開されるとは思わなかった」とし「たぶん『ユミの細胞たち』を見られた方々は不慣れで適応できないと思うけれど、『ユミ』シリーズを愛してくださったように、僕が演じるキャラクターとしてよく見てくだされば作品に没頭できると思う。イメージが違う時に感じられる面白さがあるだろうから、その面白さを感じていただきたい」と話した。

キム・ヨンミンは、少年院の相談教師で暴力と力の論理が支配する少年院の中で唯一大人らしいキャラクターのチョ・スヌ役を演じた。ドラマ「プライバシー戦争」「夫婦の世界」「愛の不時着」「助けて2」「マイ・ディア・ミスター~私のおじさん~」、映画「フランスの女」「チャンシルは福も多い」など、全ての作品で優れた役作りで多彩な演技を披露してきたキム・ヨンミンは、「クリスマスキャロル」でしっかりとした演技力で観客を魅了する予定だ。

彼は「監督への信頼で作品に出演し、『助けて2』に出演した」とし「シナリオを読んだ時、暴力性に対する部分にハマった。暴力が人々をどのように荒くするかという内容が出ていた。それで作品を選ぶことになった」と話した。

キム・ドンフィは、事件の中心となる双子の兄弟の両方と関係のある人物であるソン・ファン役を演じた。250倍の競争率を勝ち抜いて映画「不思議の国の数学者」の主人公に抜擢された彼は「春史国際映画祭」で新人男優賞を受賞し、注目を浴びた。この他にもドラマ「秘密の森2」でキム・フジョンとして抜群の存在感を披露し、潜在力と無限な可能性を証明した。

キム・ドンフィも監督への信頼が大きかったとし、「『不思議の国の数学者』が終わって、僕に初めて入ってきた台本だった。だから特別な感じだった」とし「実は原作小説を見ないでシナリオを見た。原作小説はもっとひどくて、口にできないほど残酷だ。シナリオを見る時は監督への信頼でやった。断りたい気持ちが大きかったけれど、監督への信頼で出演した」と話した。

ソン・ゴニとホ・ドンウォンは極悪非道な悪役に変身した。「SKYキャッスル」「ノクドゥ伝~花に降る月明り~」「最終兵器アリス」のソン・ゴニは、少年院の仲間を支配する不良のムン・ジャフンを、映画「犯罪都市」「悪人伝」「藁にもすがる獣たち」をはじめ、Netflix「イカゲーム」、ドラマ「椿の花咲く頃」など多数の作品で深い印象を残したホ・ドンウォンは、少年院で王のように君臨する矯正教師のハン・ヒサンを演じた。

キム・ソンス監督は「この映画の最も重要な部分はキャラクターだった。ここにいらっしゃる方々が気軽に受け入れられないキャラクターだった。僕もすごく慎重に提案した。難しい選択だったにもかかわらず、みんな熱意を持って参加してくださって、一緒に作業できることだけで幸せだった。一緒に作業しながら『キャスティングは運命なんだ』と思った。僕が考えたキャラクターとぴったりの俳優たちが演技を見せてくれて、いつも奇跡のようだと思った」と満足した。

続けて「映画が公開された時、色々な話があるかもしれないけれど、映画を一番楽しめるのは、この映画が持っているシーンごとに登場するすべての人物の心理や感情がぶつかる瞬間から出てくる緊張感、そのようなものがこの映画を楽しむ良いポイントだと思う。そのような部分を最もよく作るために非常にたくさん話した」と説明した。

また、キム・ソンス監督は「『イケメンの俳優たちをいつも作品の中で醜くする』という話をよく聞く。今回もそのようなことになってしまって心が痛かった」とし「初めてジニョンに会った時、きれいな感じではなかった。約束して会ったわけではなかった」と初めて会った時のエピソードをサプライズ公開した。これに対し、ジニョンは「その時は僕がレーザー脱毛をする前だった」とし「事務所で通り過ぎた時、ひげが生えていた」と言い、笑いを誘った。

キム・ソンス監督は「アイドルとして活動する時のジニョンと俳優として活動する時のジニョンとは違って、ナチュラルな姿が印象的だった。ジニョンは善良に見えるけれど、善良な顔にあるドールのような鋭い目がとても印象的だった」とし「劇中、イルのキャラクターが二面性を持っているけれど、よく似合うと思った。そして初対面の時、声が印象的だった。会って話すほどに『この俳優は多面性を持った俳優だな』と思った。作業をしながら『範囲を広げてみよう』という目的で作業を始めた。十分満足できた作業だった」と笑顔を見せた。

「クリスマスキャロル」は、韓国で12月7日に公開される。

記者 : ハ・スジョン