AOA ソリョン、新ドラマ「なにもしたくない」出演のきっかけを明かす“キャラクターが本当に私と似てる”

Newsen |

写真=KT Studio Ginie
AOAのソリョンが空白期間中、自身について知る時間を過ごしたと打ち明けた。

ドラマ「なにもしたくない」側は11月8日、ソリョンとのインタビューを公開した。

11月に公開される同作は、“人生ストライキ”を宣言した自発的ニートのヨルム(ソリョン)と、人生がクエスチョンマークである図書館司書のテボム(イム・シワン)が人生の休止符を探すプロジェクトだ。

ソリョンが務める役は、バーンアウトして見慣れぬ村へ旅立つ主人公のイ・ヨルムだ。彼女の“人生ストライキ”宣言から始まるドラマは、一度は「何もしたくない」と思った経験のある人々の共感を得ると期待を高めている。ソリョンもこのような共感のポイントが作品を選ぶ理由になったと打ち開けた。

ソリョンは「台本を見て『これだ!』と思って監督のもとへ行き、『やりたい』と言った」とし「ヨルムというキャラクターが本当に私と似ていると思った。ヨルムは熾烈な競争社会で生き残るために努力したけど、そんな中で自分自身については何も知らない人になった。そんなヨルムが『何もしたくない』と宣言し、自分について知っていく内容が共感できた」と伝えた。

また「私も1年くらい休んで自分について調べる時間を過ごしたことがある。その時間が生きていくうえでとても役立った。その心をヨルムも感じてほしいと思って、この作品を選んだ」と付け加えた。

ソリョンはヨルムの成長のポイントにも触れた。「ヨルムは他のドラマの主人公とは少し違って内気で、うっとおしいと思うほど小心なところもある。けど、魅力がある。よく揺れるけど絶対に折れたりはしない。ヨルムが自分を知っていき、どんどん変化する姿に期待してほしい」と明かした。

記者 : パク・アルム