Apink チョン・ウンジ、タイトル曲「Trip To Myself」MV予告映像を公開…自由な魅力

OSEN |

写真=ISTエンターテインメント
Apinkのチョン・ウンジがカバーする「Trip To Myself」のミュージックビデオ予告映像が公開された。

ISTエンターテインメントは6日22時、Apinkの公式SNSやYouTubeチャンネルを通じて、チョン・ウンジの初のリメイクアルバム「log」のタイトル曲「Trip To Myself」のミュージックビデオ予告映像を公開した。

公開された30秒ほどのミュージックビデオ予告映像の中で、夕焼けの海を眺めながら物思いに浸っていたチョン・ウンジは、フィルムカメラを持って画面を見つめ、彼女が描いていく“記録”に対する期待を高めた。特に映像の中で公開された音源は、チョン・ウンジが再解釈した「Trip To Myself」のフルバージョンに対する好奇心をくすぐる。

チョン・ウンジがカバーした「Trip To Myself」のミュージックビデオは、一緒にドライブに行くような爽やかな季節感と共に、楽曲特有の解放感を描き、彼女だけの自由奔放な魅力まで感覚的な映像で披露する予定だ。「Trip To Myself」は、人生という旅行に出る全ての人々にチョン・ウンジがかける小さな慰めであり、編曲には少女時代のテヨン、DAY6、Davichiなどのヒット曲を手掛けた“音源クイーン”のminGtionが参加してギターサウンドを加えたパンクロックスタイルとして再誕生した。

チョン・ウンジの初のリメイクアルバム「log」は、「記録する」という意味で、旅行のような人生を先輩たちの音楽で再解釈し、再び“記録”したアルバムだ。曲の選別過程からアルバム作業全般に積極的に参加したチョン・ウンジは、「Trip To Myself」をはじめ「シロヒゲクジラ」「夢」「愛のために」「30歳ごろに」まで、韓国で幅広い世代で愛されている名曲を、特有の“ヒーリングボーカル”でカバーし、人々に新しい思い出を届ける。

チョン・ウンジのリメイクアルバム「log」は、11日午後6時に各音楽配信サイトを通じて発売される。

記者 : ソン・ミギョン