AOA ソリョン、ラジオの生放送中に中学の同級生からお便りが!?「一緒にカラオケに行っていた友達」

Newsen |

写真=SBSパワーFM「チェ・ファジョンのパワータイム」
AOAのソリョンが、ラジオの生放送中に中学校時代の同級生からの連絡を受けた。

韓国で7日に放送されたSBSパワーFM「チェ・ファジョンのパワータイム」には、ソリョン、シン・ウンスが出演した。

あるリスナーは「シン・ウンスさんの演技を見ると、本当に自分の娘になってほしい」という内容のメールを送った。シン・ウンスは「私の母には、私が演じた娘たちを見ると一回拳で小突きたいと言われた」と打ち明け、笑いを誘った。

姉が2人いるという彼女は「私がふざけるタイプだから、姉たちも私を小突きたいと思っているのかもしれない。でも私がいるから雰囲気がいいと思う。父は私のことを可愛がってくれる」と晴れやかに微笑んだ。

続いて、ソリョンの中学校時代の同級生というリスナーからメールが届いた。リスナーは「ソリョン、私は中学校時代の同級生○○よ。今ラジオを聴いてる。ソリョンのドラマを応援するね」とコメントした。ソリョンは「中学校時代に私と一緒にカラオケにたくさん行っていた友達です。連絡するね。ありがとう」と愛情を示した。

記者 : イ・へジョン