パク・ミニョン&ハン・ソヒ&U-KISS ジュンまで…ホットな俳優が日本に!「2022 Asia Artist Awards」追加ラインナップを公開

Newsen |

写真=HOOKエンターテインメント、9atoエンターテインメント、SMエンターテインメント、JFLEX、スタジオ・サンタクロースエンターテインメント、
パク・ミニョン、少女時代のユリ、ハン・ソヒ、U-KISSのジュン、リュ・ギョンス、イム・ジェヒョク、ソ・ボムジュンが「2022 Asia Artist Awards IN JAPAN」(以下「2022 AAA」)に参加する。

韓国を代表するラブコメディの女王ことパク・ミニョンは今年、JTBCドラマ「気象庁の人々:社内恋愛は予測不能?!」、tvNドラマ「月水金火木土」の主演を務めて、多彩なキャラクターを演じ、視聴者たちを魅了した。優雅ながら清純なビジュアルと安定した演技力でお茶の間を魅了している彼女は、「2022 AAA」でも圧倒的な存在感をアピールする予定だ。

ユリは今年、歌手、バラエティ、ドラマで旺盛に活躍し、昨年に続いて2年連続で「Asia Artist Awards」の舞台に上がる。少女時代のメンバーとして7thフルアルバム「FOREVER 1」の活動を成功裏に終えたユリは、ENAドラマ「グッジョブ」のヒロインとして出演し、素晴らしい演技を披露した。また、Disney+のバラエティ番組「ザ・ゾーン:サバイバルミッション」でもそのバラエティセンスをアピールし、“万能キャラクター”らしい活躍を続けている。

恋愛からアクションまで、ジャンルを問わず信頼できる女優として挙げられているハン・ソヒは、今年公開されたDisney+「サウンドトラック#1」で愛らしい魅力をアピールし、来年上半期の公開を控えているNetflix「京城クリーチャー」では、死んだ人をも探し出すという噂のトドゥクン(失踪者を探す人)ユン・チェオク役で強烈なカリスマ性をアピールする予定だ。特に「2020 AAA」と「2021 AAA」に出席し、美しいビジュアルで話題を呼んだハン・ソヒは、「2022 AAA」でも磨きをかけた美貌とエレガントな雰囲気で、世界中のファンの視線を釘付けにする。

SBSドラマ「君の夜になってあげる」、映画「モラルセンス ~君はご主人様~」、MBCドラマ「百人力執事 ~願い、かなえます~」に相次いで出演し、旺盛に活動しているジュンは、「ベストチョイス」を受賞した「2021 AAA」に続き、「2022 AAA」でもファンの前に立つ。最近、韓国で放送がスタートした「百人力執事 ~願い、かなえます~」で主人公のキム執事役を演じているジュンは、キャラクターを繊細に描いたという好評を得て、俳優としての存在感を高めている。

昨年、Netflixシリーズ「地獄が呼んでいる」で強烈な印象を残し、全世界に強い印象を残したリュ・ギョンスは、今年も映画「ベイビー・ブローカー」「DAEMUGA」、Netflixシリーズ「グリッチ」など、様々な作品で抜群の存在感をアピールしている。最近、ヨン・サンホ監督が企画するNetflixシリーズ「先山」の主演に抜擢されるなど、人気俳優らしい活躍を続けているリュ・ギョンスは、「ベストアイコン」を受賞した「2021 AAA」に続き、もう一度「Asia Artist Awards」に出席する予定だ。

イム・ジェヒョクも「2022 AAA」のラインナップに合流し、初めて「Asia Artist Awards」に出席する。彼は、Netflixシリーズ「今、私たちの学校は…」で、危険な場面でも肯定的なエネルギーと爆発的なパワーで、友人たちの心強い仲間としての役割を果たすヤン・デス役を務め、ドラマの雰囲気を盛り上げるなど、印象深い演技を披露してその存在感をアピールした。

ソ・ボムジュンも「Asia Artist Awards」に初めて登場する。今年、TVINGドラマ「内科パク院長」、Disney+シリーズ「キミと僕の警察学校」、KBS 2TVドラマ「ヒョンジェは美しい」など、様々な作品に出演して視聴者たちに強い印象を残したソ・ボムジュン。彼は現在、SBSの音楽番組「人気歌謡」でMCとしても活躍するなど、多方面で精力的に活動している。

「2022 AAA」は12月13日、名古屋の日本ガイシホールにて開催される。

・2PM ジュノからナ・イヌ&元gugudan キム・セジョンまで、名古屋で開催の「2022 Asia Artist Awards」に出演決定!

・宇宙少女ChocomeからATBOまで、11組の出演が決定!名古屋で開催の「2022 Asia Artist Awards」ラインナップ第4弾を公開

記者 : パク・スイン