パク・ソンウン&パク・ソンホ&キム・ヒジョン、映画「ラバン」に出演決定!“挑戦的な作品になると思う”

MYDAILY |

写真=C-JeSエンターテインメント、IHQ、Sublime
俳優のパク・ソンウンが後輩のパク・ソンホ、キム・ヒジョンと息を合わせる。

本日(13日)、映画「ラバン(ライブ配信)の関係者は「今月9日にクランクインし、撮影に突入した。パク・ソンウン、パク・ソンホ、キム・ヒジョンが出演する」と報告した。

タイトルの「ラバン」は「ライブ配信」の略語だ。フリーランサーのプロデューサーであるドンジュ(パク・ソンホ)が、偶然にもらったリンクで恋人のスジン(キム・ヒジョン)の姿が生中継されることを知ることになり、これを防ぐため配信の中の謎のジェントルマン(パク・ソンウン)と命がけの対決を繰り広げるリアルタイム追跡劇だ。

パク・ソンウンはドンジュの恋人であるスジンを誘い、違法ライブ配信を通じて彼女の姿を生中継するジェントルマン役を務め、特有の冷たいカリスマ性を披露する予定だ。特に恋人を助けようとするドンジュと、彼を利用してドッキリカメラを計画しようとするジェントルマンのスピーディーなリアルタイム心理対決は、映画の注目ポイントになるとみられる。

ジェントルマンと命がけの対決を繰り広げるドンジュ役は「PRODUCE X 101」出演のパク・ソンホが務める。彼はドラマ「ルーガル」「最高のチキン最高のチキン~夢を叶える恋の味~」、映画「チャンピオン」など様々な作品に出演と、着実にキャリアを積んでいる。除隊後は、Coupang Playシリーズ「ファンタジースポット」への出演を決定し、活発な活動を予告した中、「ラバン」の合流ニュースまで伝え、期待を集めている。

危機に見舞われたドンジュの恋人スジン役は、キム・ヒジョンが務める。彼女は映画「ブギーナイト」、ドラマ「スポンサー」などに出演し、SBSバラエティ番組「ゴールを蹴る彼女たち」シーズン2まで、多方面で活躍している。「ラバン」では予期せぬ、ジェントルマンの違法ライブ配信の犠牲者になる危機に見舞われるスジン役に扮し、観客たちにスリリングな緊張感を与える予定だ。

同作は緊張感あふれる台本読み合わせを経て、今月9日にクランクインした。初対面でパク・ソンウンは「シナリオを読む時、緊張感とスピーディーな展開で時間が経つのも知らなかった。この作品に出演することになって嬉しく、挑戦的な作品になると思う。初の現場の雰囲気がよくて楽しみだ」と出演の感想を伝えた。

パク・ソンホも「精力的な現場の雰囲気に緊張したが、監督と同僚俳優に会って元気が出た。頑張って撮影する」と述べ、キム・ヒジョンも「作品の撮影がすごく期待され、新しい姿を見せることができそうで楽しみにしている」と感想を語った。

記者 : キム・ナラ