EXID ソルジ、10月11日にソロ曲「愛だと信じた」をリリース…ミュージックドラマも制作

Newsen |

写真=C-JeSエンターテインメント
EXIDのソルジがソロ曲を発売する。

本日(5日)、所属事務所のC-JeSエンターテインメントによると、ソルジは今月11日に新曲「愛だと信じた」を発売するという。

「愛だと信じた」は、いつも自身のそばにいてくれそうだった愛という感情が結局1人は変わってしまい、残った人の悲しい感情を表現した楽曲だ。誰もが共感できる現実的な歌詞と切ないメロディーをソルジだけの切ない感性で描き、悲しい気持ちをリスナーに伝える。

同曲は音源の発売だけでなく、ミュージックドラマも制作される予定だ。

ソルジは音楽競演番組はもちろん、ラジオ、バラエティ番組などに出演し、万能エンターテイナーとして活躍している。この他にも「朝鮮精神科医ユ・セプン」「このエリアのクレイジーX」「18アゲイン」など、人気ドラマのOST(挿入歌)に参加し、好評を博した。

記者 : ファン・ヘジン