チ・チャンウク&ウィ・ハジュン&イム・セミ、新ドラマ「The Worst of Evil」に出演決定!2023年にDisney+で独占配信

Kstyle |

(C) 2022 Disney and related entities
韓国ドラマ「The Worst of Evil」が、Disney+のコンテンツブランド「スター」で2023年に独占配信されることが決定した。

舞台は1980年代の韓国。悪名高い国際麻薬組織の捜査が暗礁に乗り上げた時、1人の警察官が潜入捜査官となってすべてを賭け、地下犯罪の網を暴こうと奮闘するクライムアクションシリーズだ。

韓国警察の捜査チームは、韓国、中国、日本の麻薬密売のトライアングルを形成する新たな国際犯罪組織を追っていたが、捜査はなかなか思うように進んでいなかった。そこで、潜入捜査官のパク・ジュンモが潜入することとなるが……。

警察官のパク・ジュンモ役を演じるのは、「ヒーラー~最高の恋人~」や「あやしいパートナー~Destiny Lovers~」などで知られ、韓国のみならず日本や中国でも絶大な人気を誇るチ・チャンウク。新犯罪組織のリーダーチョン・キチョル役には、「イカゲーム」で一躍その名を世界に知られるようになったウィ・ハジュン、そして麻薬捜査官のユ・イジョン役を「ショッピング王ルイ」や「女神降臨」などに出演していたイム・セミが演じる。監督は「傷だらけのふたり」のハン・ドンウク監督が務める。

■関連リンク
Disney+公式サイト:https://www.disneyplus.com/ja-jp

記者 : Kstyle編集部