キム・ユジョン主演のNetflixオリジナル映画「20世紀のキミ」初恋を思い出させるスチールカットを公開

OSEN |

写真=映画スチール写真
Netflix映画「20世紀のキミ」が初恋を思い出させるスチールカットを本日(4日)公開した。

「20世紀のキミ」(監督:パン・ウリ)は、ある冬に届いたビデオテープに収められた1999年の記憶、17歳の少女のボラが親友のヨンドゥの初恋を叶えるため、恋のキューピットとなって展開される初恋観察ロマンス映画だ。

同日公開された報道スチールは、初恋に対する記憶を思い出させる様子と、制服を身にまとった若者たちのときめきに満ちた瞬間が暖かい色で収められている。公衆電話ブース、ビデオレンタルショップなど、1999年世紀末の感受性を収めた映画の中の空間やポケベル、ビデオカメラなど、アナログ感性の小道具、時代を反映したY2Kファッションが、その時代を覚えている視聴者たちのノスタルジーと、新たに感じる視聴者たちの好奇心を刺激する。青春を代表する俳優ら、キム・ユジョン、ピョン・ウソク、パク・ジョンウ、ノ・ユンソが、見るだけでもワクワクする17歳の少年少女を演じる。

友情が1番大切だった17歳の少女ナ・ボラ(キム・ユジョン)は、知っているのは名前だけで、同じ学校の男子生徒に心を奪われたという親友キム・ヨンドゥ(ノ・ユンソ)の言葉に、恋のキューピットのになることを自任する。授業に集中できないまま真剣な表情で悩み、公衆電話ブースでふざけながら電話をかけるなど、可愛くて溌剌としたナ・ボラの姿は、キム・ユジョンが見せる新しいキャラクターに対する好奇心を高める。

キム・ヨンドゥの片思いの相手であるペク・ヒョンジン(パク・ジョンウ)の一挙手一投足を記録して教えることにしたボラは、ヒョンジンといつもつるんでいる親友プン・ウンホ(ピョン・ウソク)を集中攻略する。

ドキュメンタリーのプロデューサーを目指すほどカメラが好きな、ウンホが所属している放送部で一緒に活動し、ペク・ヒョンジンの情報を調べるナ・ボラ。一緒にビデオカメラを持って微笑んでいる2人の姿とボラの両親が運営しているボラビデオレンタルショップの前に並んで座って、一緒に話を交わすスチールは彼らの関係に対する好奇心をくすぐる。

ここに、遊園地で向かい合っているヒョンジンとヨンドゥの姿が、ボラのキューピット作戦が果たして成功するのか、注目を集める。4人4色のはつらつとした個性を持つキャラクターと魅力あふれるキム・ユジョン、ピョン・ウソク、パク・ジョンウ、ノ・ユンソが作っていくケミストリー(相手との相性)が期待を高めている。4人のさわやかな青春たちが繰り広げていく、ワクワクする初恋の物語を予告した「20世紀のキミ」は、誰もが長らく心の中にひそめてきた学生時代の日記のような暖かい感性を届けるだろう。

韓国有数の映画祭で短編映画賞を総なめにし、繊細な演出力を認められてきたパン・ウリ監督初の長編映画で、青春を代表する新鮮な俳優たちが見せる演技アンサンブルとケミストリーで、私たちを再びときめかせる恋愛映画「20世紀のキミ」は、10月21日にNetflixを通じて全世界へ公開される。

記者 : キム・ボラ