「太陽の末裔」「犯罪都市 THE ROUNDUP」などで活躍…故ナム・ムンチョルさん、訃報から本日(10/4)で1年

Newsen |

写真=Newsen DB
俳優のナム・ムンチョルさんが亡くなってから1年が経った。

ナム・ムンチョルさんは生前、大腸がんの診断を受け、闘病を続けてきたが、2021年10月4日の午前6時20分に享年50歳でこの世を立った。

演劇俳優出身のナム・ムンチョルさんは、様々な作品で活躍しながら存在感を示した。映画「アンカー」と「警官の血」「白頭山」「ブラックマネー」「ユ・ヨルの音楽アルバム」「工作 黒金星と呼ばれた男」「毒戦 BELIEVER」「密偵」、ドラマ「太陽の末裔 Love Under The Sun」「テバク」「元カレは天才詐欺師~38師機動隊~」「緑豆の花」など、多数の作品でシーンスティラー(scene stealer:映画やドラマで素晴らしい演技力や独特の個性でシーンを圧倒する役者を意味する)として熱演した。

今年5月に韓国で公開された映画「犯罪都市 THE ROUNDUP」(監督:イ・サンヨン)が彼の遺作になった。主演のマ・ドンソクは観客動員数500万人を突破した当時、「チェ・チュンベク役として熱演したナム・ムンチョルさんの闘魂に敬意を示すと共に、この栄光を捧げます」と追悼した。

・俳優ナム・ムンチョルさん、大腸がん闘病の末に死去…「太陽の末裔」「元カレは天才詐欺師」などで活躍

・【PHOTO】パク・ヘジン&アン・ボヒョン&シン・ソンロクら「2020 MBC演技大賞」レッドカーペットに登場

記者 : ペ・ヒョジュ