AFTERSCHOOL ナナ、Netflixシリーズ「グリッチ」でのキャラクターが話題…全身のタトゥーは“個人的な選択”(総合)

MYDAILY |

チョン・ヨビン、AFTERSCHOOLのナナが宇宙人を探しに行く。

Netflixシリーズ「グリッチ -青い閃光の記憶-」の制作発表会が27日の午前、ソウル龍山(ヨンサン)区CGV龍山アイパークモールにて行われ、チョン・ヨビン、ナナ、ノ・ドク監督が出席した。

同作は、宇宙人が見えるジヒョと宇宙人を追跡してきたボラが、痕跡も残さず消えてしまったジヒョの彼氏の行方を追う過程で、ミステリアスな謎の正体に近づくことになる追跡劇を描くNetflixシリーズだ。

「恋愛の温度」のノ・ドク監督と「人間レッスン」の脚本家のチン・ハンセがタッグを組み、間違った日常から拡張され、変奏される予測不可能な物語で好奇心を刺激する予定だ。斬新なケミ(ケミストリー、相手との相性)で話題を集めたチョン・ヨビンとナナは、ともに成長していく特別な関係を披露し、レジェンド級のケミ(ケミストリー、相手との相性)を予告した。

この日、チョン・ヨビンは「『グリッチ -青い閃光の記憶-』の台本を初めて見た時、モノクロであると同時にカラフルなストーリーという印象を受けた。両面的かつ複合的なジャンルという感じだ。ジャンルをはじめ、登場するキャラクターからも同じ印象を受けた」と語った。

また彼女は「何よりもノ・ドク監督のファンだから出演を決心した。『恋愛の温度』が好きで、学生時代に参加したオーディションでその作品のセリフで演技した。監督に会う日を心待ちにしていた。また『人間レッスン』も面白かったので、全く違う雰囲気の2人の出会いへの期待が高かった」と伝えた。

ナナも「ノ・ドクさんとチン・ハンセさんの共同作品に出演することができて嬉しく、信頼を持って台本を読んだ。斬新で面白かった」と述べた。

作品のためにたくさん勉強したと話したナナは、「作中、私が演じるボラが着そうな衣装などについてアイデアを出した。ボラの体にはタトゥーが多いけれど、その一つ一つに意味を与えたかった。なのでタトゥーを選ぶ時にも、内容と意味について考えながら選んだ。また、ボラが俗語をたくさん使うキャラクターだから、タトゥーに俗語を入れるのもいいと思って意見を出したりした」と話題を集めたタトゥーに言及した。

ナナは最近、映画「自白」の制作発表会でブラックのミニドレスを着て、全身のタトゥーを披露した。今回のキャラクターを通じて影響を受けたのかという質問には、「ボラによって関心を持つようになったわけではない。私がやりたくて入れたタトゥーだ」と答えた。

続けて「いつの日か、私がなぜこのタトゥーをしたのか、しなかったのかを言う日が来るのか、来ないのか分からない。しかし、タトゥーは個人的な選択だった」と話した。

彼女たちを引っ張ったノ・ドク監督は「予告編を見れば分かると思うけれど、一つのジャンルに決められない作品だ。ミステリーからバディムービー、SF、スリラーなどとも言える」と説明し、作品の一風変わった魅力を強調した。

「グリッチ -青い閃光の記憶-」は、10月7日にNetflixで独占配信される。

・【PHOTO】チョン・ヨビン&AFTERSCHOOL ナナら、Netflixオリジナルドラマ「グリッチ」制作発表会に出席

・【PHOTO】ソ・ジソブ&キム・ユンジン&AFTERSCHOOL ナナ、映画「自白」制作報告会に出席

記者 : イ・スンギル、写真 : ハン・ヒョクスン