シン・ハギュン&ハン・ジミン主演の新ドラマ「ヤンダー」メインポスターを公開…切ない雰囲気

Newsen |

写真=TVING
「ヤンダー(Yonder)」のメインポスターが公開された。

韓国で10月14日に初公開されるTVINGオリジナルシリーズ「ヤンダー」は、死んだ妻からのメッセージを受け取った男性が、彼女に会える未知の空間“ヤンダー”に招待されることから繰り広げられる物語を描く。

公開されたメインポスターで、ジェヒョン(シン・ハギュン)とイフの様子が目を引く。今にも届きそうな2人の眼差しや距離感、そしてぎゅっと握った両手が、どんな言葉よりも切ない。ここに「愛する人に出会える最後の空間」というフレーズは、1人残されたジェヒョン、そして“ヤンダー”に彼を招待したイフの悲しくも美しい再会に好奇心を刺激する。

同作は、ベールを脱ぐたびに新たな感性で人々を魅了している。その中心には、イ・ジュンイク監督と共にヒューマンラブストーリーの新世界を完成するシン・ハギュンとハン・ジミンがいる。シン・ハギュンは妻が死んだ後、空虚な人生を生きているサイエンスMの記者ジェヒョン役を演じる。死んだ妻から謎のメールをもらって、信じられない再会を果たし、その存在について混乱を感じる。ハン・ジミンはジェヒョンの死んだ妻イフ役を務める。死の後に“ヤンダー”で新しい人生を迎え、ジェヒョンをそこに導く。現実と“ヤンダー”を行き来する複雑な感情を幅広く描く、2人の演技シナジー(相乗効果)に期待が高まっている。

制作陣は「『ヤンダー』という不慣れで神秘的な世界で繰り広げられるジェヒョンとイフの再会を見守ってほしい。深い感動を越えて、絶えない質問とメッセージを投げかける作品になるだろう」とし「感性の深さが違うシン・ハギュン&ハン・ジミンの真価を改めて確認することができる」と伝えた。

記者 : パク・スイン