Girl's Day ヘリ&U-KISS ジュン主演の新ドラマ「一当百執事」メインポスターを公開

Newsen |

写真=iWILL Media
「一当百執事」のGirl's DayのヘリとU-KISSのジュンが、抜群のケミ(ケミストリー、相手との相性)を予告した。

MBC新水木ドラマ「一当百執事」(演出:シム・ソヨン、パク・ソニョン、脚本:イ・ソネ)は9月21日、葬儀指導士ペク・ドンジュ(ヘリ)と“一当百(百人力)”キム執事(ジュン)のメインポスターを公開した。

10月19日に韓国で初放送される「一当百執事」は、死んだ人と会話ができる葬礼指導士のペク・ドンジュと便利屋さんの“一当百(百人力)”のキム執事(ジュン)の相互扶助プロジェクトを描く。ゾッとするが心温まる、奇妙だが切ない、不思議な依頼が、愉快な笑いの中で深い共感を呼ぶ。ヘリ、ジュン、ソン・ドクホ、ハン・ドンヒ、テ・インホ、イ・ギュハン、オ・デファンらが出演する。

予告ポスター第1弾がペク・ドンジュとキム執事の初対面を描いたとすれば、今回公開されたメインポスターには、まだ気まずいペク・ドンジュとキム執事の姿が収められ、ドキドキする雰囲気を醸し出す。頬杖をついて目をキラキラさせるペク・ドンジュと、薄く笑みを浮かべているキム執事、2人を暖かく包み込む空気が、ふわふわした雰囲気だ。それぞれ別の場所を見ながら考えに耽っている2人の上の「変な女、変な男に会った」というフレーズが、彼らの関係への好奇心をくすぐる。それぞれの目的を抱えて出会った2人が、どのような不思議なチームプレイで生死を超えてプロジェクトを全うするか期待を高める。

ヘリは、死んだ人と会話できるという奇妙な能力を持った葬儀指導士ペク・ドンジュとして活躍する。故人の最後の願いを叶えなければ、運が悪い毎日に耐えなければならない。死んでから出会うことになる彼らの話に共感し、聞いてあげるペク・ドンジュの魅力を最大化するヘリのイメージチェンジが注目されている。ジュンは便利屋さんの“一当百”のエースキム執事に扮する。つまらないことでも顧客が望むならどこにも駆けつけ“何でも助ける”執事だ。いつも笑顔で軽く見えるが、重要な瞬間にはしっかりした姿を見せるギャップのある魅力の男キム執事との完璧なシンクロ率を見せるジュンの活躍にも関心が高まっている。初めて共演するヘリとジュンの甘く殺伐としたケミと愉快なティキタカ(相性が良く、ポンポンとやり取りする様子)が期待を集めている。

「一当百執事」の制作陣は、「生死を超えて、“何でも”聞いてあげて、助けるペク・ドンジュとキム執事の奇妙なチームプレイが、愉快ながらも暖かく描かれるだろう。2人が解決していく“あの世”のお客様の珍しい依頼とは何か、またヘリとジュンの完璧なケミストリーを期待してほしい」と伝えた。

記者 : パク・アルム