「メンタルコーチ チェガル・ギル」イ・ユミ、チョンウに心を開く【ネタバレあり】

OSEN |

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
写真=tvN「メンタルコーチ チェガル・ギル」放送画面キャプチャー
tvN「メンタルコーチ チェガル・ギル」の“泰陵(テヌン)の変人”ことチョンウが、選手村へのカムバックと同時に、変化をもたらす一風変わった活躍を始動させた。

韓国で20日に放送されたtvN月火ドラマ「メンタルコーチ チェガル・ギル」第4話「地図にない道」では、正式に韓国代表のメンタルコーチとして選手村に入ったチェガル・ギル(ジョンウ)と、彼によってトラウマを乗り越えて変化していくことを知らせたチャ・ガウル(イ・ユミ)の様子が描かれた。

同日、チャ・ガウルをはじめショートトラックチームは、オコーチ(ホ・ジョンド)の暴行に対する取り調べを受けた。取調室の外でチャ・ガウルを待っていたオコーチ。チャ・ガウルはオコーチの暴力によるトラウマで後ずさりしたが、すぐに「最後まで見届けたら、情けない人間に過ぎないトラウマの実体が見えてくる」というチェガル・ギルの言葉を思い出して、彼と真っ向から対面した。そしてチャ・ガウルはビンタをしようとする彼の手首を止めて、「もう一度私に手を出したら、私も我慢しないから」と反撃の始まりを知らせた。

しかし、オコーチの罷免は容易ではなかった。オコーチの暴行に対する調査の結果、供述者は公開証言したチョ・ジヨン(キム・シウン)を含む2人だけであり、皆チャ・ガウルが供述者であろうと思った。これにより、ショートトラックチームの選手たちはチャ・ガウルを無視し、オコーチと別途の訓練に入る一方、ショートトラック選手の母親たちは、オコーチの復帰請願書に署名をするなど、オコーチの復帰に精を出した。

一方、チェガル・ギルは正式に韓国代表のメンタルコーチとして選手村に入った。彼を人生最高の爆弾だと思うパク・スンハ(パク・セヨン)は、反対の意見を強く表明したが、ク・テマン(クォン・ユル)が権力に向けた自分の野望を満たすために彼を利用する目的で彼を合格させた。

続いて“泰陵の変人”と呼ばれていたチェガル・ギルのカムバックに、選手村は騒然となった。彼は選手たちに向かって「あまり頑張らないで。ただ楽しめばいい。頑張るやつは、楽しむやつに勝てない」と一風変わった指導を始め、選手村に変化をもたらすと関心を高めた。

その後、チェガル・ギルはチャ・ガウルとラポール(rapport、相談のための親密感または信頼関係)を形成するために絶えず近付いていった。チャ・ガウルを除くショートトラックチームが、オコーチの復帰を求めていたことを知っていたチェガル・ギル。しかし、チャ・ガウルは簡単に心を開かず、チェガル・ギルは1人で追われるように怯んでいる彼女に「びびるな、チャ・ガウル。よく見ろ、君の目の前に僕がいるじゃないか、君の味方が」とし、彼女が心が開くのを待った。

これと共にチェガル・ギルは、ノーメダルクラブとショートトラックチーム選手たちの動向を把握し、オコーチの暴行供述者を保護するための水面下での作業に入った。この過程でチェガル・ギルは、水泳スターのイ・ムギョル(ムン・ユガン)が薬の購入先に出入りすることを知った。そしてオコーチの暴行真相調査を務めたク・テマンから直接収集したイ・ムギョルの資料を渡し、供述者保護のための取引を成功させた。

しかし、皆の予想とは違って、暴行の供述者はチャ・ガウルではなくオ・ソナ(パク・ハンソル)だった。これを知ったチャ・ガウルは、彼女と一緒に肩の荷を分け合おうとしたが、かつてチャ・ガウルを誤解して彼女を傷つけたオ・ソナは、彼女の気持ちが本心ではないだろうと断定した。しかし、チャ・ガウルは「本気だよ。あなたと一緒に滑りたいから」と、これまで言えなかった気持ちを伝えた。

チャ・ガウルはチェガル・ギルへの警戒心を解き、より一層穏やかな態度で関係の変化を知らせた。これにラポールを形成したチェガル・ギルとチャ・ガウルが、今後どのようなストーリーを描いていくか関心を高めた。

そのような中、波乱が予想されるエンディングが描かれて緊張感を醸し出した。オコーチは結局、選手村に復帰し、賄賂提供の容疑が持たれていたチョ・ジヨンもショートトラックチームに復帰した。しかし、すでにチョ・ジヨンの空席にはチャ・ガウルが入ってきており、1人は韓国代表の座から退かなければならない状況。

脱落者を選ぶために、1,000メートルオープンレースを繰り広げることになったチャ・ガウルが、韓国代表の座を死守できるか関心が集まっている。その一方で、チェガル・ギルは薬の購入先に出入りした水泳選手イ・ムギョルの担当メンタルコーチに志願し、彼に薬物の疑惑に言及して関心を集めた。激しく対立する2人の様子が収められ、今後の展開に関心が高まっている。

第4話以降、各SNSとオンラインコミュニティでは「チェガル・ギルの選手村入りからは尋常ではないね。これからが楽しみ」「イ・ユミの役作りが本当にいい。ボイストーンも良いし、淡々と力を抜いた演技がとてもいい」「ドラマであることを分かっているけどスカッとする」「セリフを噛み締めながら聞いている」「楽しさ、癒し、感動、痛快さまで与えるドラマ。面白い」など、様々な反応が寄せられた。

tvN月火ドラマ「メンタルコーチ チェガル・ギル」は、メンタルコーチになって帰ってきた元韓国代表選手が、選手たちを癒やしながら、理不尽なことに立ち向かって戦うメンタルケアスポーツ活劇だ。韓国で毎週月曜日と火曜日の夜10時30分に放送されている。

記者 : ハ・スジョン