シン・ハギュン、新ドラマ「ヤンダー」スチールカットを初公開…妻ハン・ジミンとの最後の瞬間に注目

Newsen |

写真=TVING
「ヤンダー(Yonder)」のシン・ハギュンのスチールカットが初公開された。

10月14日に韓国で初公開されるTVINGオリジナルシリーズ「ヤンダー(Yonder)」(演出:イ・ジュンイク、脚本:キム・ジョンフン、オ・スンヒョン)は、死んだ妻からのメッセージを受け取った男性が、彼女に会える未知の空間“ヤンダー”に招待されることから繰り広げられるストーリーだ。

公開されたスチールカットでジェヒョン(シン・ハギュン)は妻のイフ(ハン・ジミン)と最後の瞬間を共にしている。イフとの別れを準備してきたジェヒョンの淡々とした表情の向こうに、彼女の顔を忘れまいと眺める切ない眼差しが目を引く。しかし、2人で1つになった日常の変化を感じる前、ジェヒョンの朝を起こしたのは、イフから送られたメッセージである。空虚な家に鳴り響く彼女の声に、ジェヒョンは嬉しさよりは信じられないという驚きを表した。また別のスチールカットには、イフがいる場所である“ヤンダー”に向かったジェヒョンの様子が収められており、注目を集めた。果たして“ヤンダー”はどのような場所であり、そこでジェヒョンを待っている物語とは何だろうか。

深い洞察と深い感受性で、新しいヒューマン恋愛ドラマを予告した中、シン・ハギュンは妻の死後、空虚な人生を過ごしているサイエンスMの記者であるジェヒョン役を務める。妻から自分に会いに来てという謎のメールをもらって彼女に再び出会うが、その存在について混乱を感じる人物だ。実存しない世界と複雑な感情を描かなければならない、容易ではない役であるだけに、シン・ハギュンがどのような解釈や表現でジェヒョンというキャラクターを完成させていくか楽しみだ。

シン・ハギュンは「死に対する解釈がとても新しかった。これを通じて『永遠の幸せとは何か』という質問を投げかける作品だ」とし「このようなストーリーがイ・ジュンイク監督を通じてどのように具現化されるか楽しみだ」と期待を示した。また、ジェヒョンのキャラクターに対して「アクションよりはリアクションがメインとなって、ある程度、観客の視点でアプローチしなければならない部分があったので、適度な距離感と客観的な表現に重点を置いて演じた」と語った。

記者 : パク・スイン