「アダマス」チソン、ソ・ジヘに取引を提案…緊張感のある雰囲気【ネタバレあり】

OSEN |

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
写真=tvN「アダマス」放送画面キャプチャー
女優ソ・ジヘが、「アダマス」で完璧な感情演技を見せ、代替不可能なウン・ヘスを完成させた。

ソ・ジへは韓国で14日に放送されたtvN水木ドラマ「アダマス」第15話で、ハ・ウシン(チソン)に会った後、李チーム長(オ・デファン)とやり取りする姿で衝撃を与えた。

同日の放送で、ウン・ヘス(ソ・ジヘ)はクォン会長(イ・ギョンヨン)の葬儀場に来たハ・ウシンに会った。ウン・ヘスは、本物のアダマスと李チーム長を取引しようというハ・ウシンの言葉に「私が李チーム長を渡したら、作家さんが彼を捕まえることができるの?」と聞いた。国家特別捜査本部(以下、本部)を取り除こうとするウン・ヘスは、李チーム長を捕まえるために、本部が合流することを聞いた後、李チーム長に電話をかけた。終始落ち着いていながらもポーカーフェイスを維持するなど、劇的な緊張感を与えたソ・ジへの熱演が際立った。

ソ・ジへのより一層深まった眼差し演技と緩急のある演技も輝いた。ウン・ヘスは、父親ウン院長(イム・ビョンキ)と一緒に、クォン会長の死を敗血症にしようと口裏を合わせ、クォン会長の死に涙を流すクォン・ヒョンジョ(ソ・ヒョヌ)に向かって、「本気だと思われるよ。悲しんでる?」と言ったり、敗血症であることを信じず、ベッドのシーツを外そうとするクォン・ヒョンジョに、「そのシートを外したら、その収拾はあなたがするのよ」と警告した。

結局、ウン・ヘスはクォン会長が死んだ後、ヘソングループの経営支援部を動かすほど絶大な権力を手に入れた。李チーム長はヘソングループの経営支援部にウン・ヘスを紹介し、ウン・ヘスはまるで自分が新しいオーナーであるかのように自然に上座に座って、経営支援部の従業員たちと話を続けた。ソ・ジへはツンとしていながらも強烈なフォースを放つウン・ヘスに完璧になりきって、深い演技を披露した。

記者 : カン・ソジョン